当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

マタニティ

【つわりに効く】ビタミンB6でつわりが楽に?摂取量や食べ物やおすすめサプリ

個人差がありますが本当です

「ビタミンB6がつわりに効果がある」という話は、実は科学的な根拠に基づいています。

研究によると、ビタミンB6は妊婦のつわりの症状を軽減するのに効果的な栄養素である事が分かりました。

ビタミンB6は胎児にも良い影響があります!

ビタミンB6を多く含む食事やサプリも紹介します。

つわりに悩む妊婦さんは1日の摂取量を守り試してみて下さい!

ビタミンB6がつわりに効くって本当?

ビタミンB6は、体内のあらゆる代謝プロセスに関わる重要なビタミンで、特にタンパク質の代謝に必要不可欠です

つわりの軽減に役立つとされる理由の一つに、ビタミンB6は吐き気を抑える効果があるとされているからです。

つわりが起きる原因

妊娠によってホルモンが増える

脳の嘔吐中枢を刺激

ビタミンB6は、アミノ酸の代謝神経の働きを整える作用がある

ビタミンB6がつわりに効く理由

ビタミンB6は中枢神経系に作用し、吐き気や嘔吐を引き起こす化学物質のレベルを調整することで、つわりの症状を和らげると考えられています。

個人差もありつわりの原因が人によって違う事もあるから
全ての人に効果がある訳ではありません。

この効果は、ビタミンB6を日常的に摂取することで、より明確になることが示唆されています。

つわりにビタミンB6がオススメな理由

妊娠中にビタミンB6が果たす役割は非常に重要であることがわかります。

つわりだけじゃなくて胎児にも良いビタミンB6

ビタミンB6が不足すると
  • 胎盤の重さの低下による育児発育不全
  • 痙攣発作のリスク
  • 体重の軽い赤ちゃんが生まれるリスク

などがあります。

ビタミンB6は色々な食品に含まれているから現代で不足は考えずらいです。

ビタミンB6がつわりにどう作用するか

ビタミンB6がつわりに有効であるという科学的根拠は、多くの研究で支持されています。

ビタミンB6は、セロトニンという神経伝達物質の合成に関与しています。

セロトニンとは?

気分を調節することで知られていますが、吐き気の感覚にも影響を与えるとされています。

ビタミンB6がセロトニンの合成を助けることで、吐き気の感覚を抑制し、つわりの症状を軽減することができるのです。

ビタミンB6によるつわり軽減の実証例

最新の研究例として、ある研究では妊婦に毎日一定量のビタミンB6を摂取させたところ、つわりの症状が著しく改善されたと報告されています。

この研究では、ビタミンB6を摂取することで、妊娠初期に頻繁に見られる吐き気や嘔吐の症状が有意に軽減されたことが示されました。

しかし、ビタミンB6を摂取する際には、適切な量を守ることが重要であることを忘れてはなりません。

ビタミンB6の推奨摂取量は?

20代~40代の妊婦さんの1日の摂取量は約1.9mgから2.0mg

適切な量のビタミンB6を摂取することで、つわりの症状を効果的に軽減しつつ、過剰摂取による副作用を避けることができます。

妊婦に推奨されるビタミンB6の量

妊婦の健康と胎児の発育を考慮した上で、専門機関によって推奨されるビタミンB6の摂取量は、一日あたり約1.9mgから2.0mgとされています。

この量は、つわりの症状を軽減する上で効果的であり、かつ安全な範囲内での摂取量とされています。

ただし、個人の体質や健康状態によって適切な量は変わる可能性があるため、自己判断で大量に摂取するのではなく、医師や栄養士のアドバイスに従うことが重要です。

ビタミンB6を摂りすぎるとどうなる?

ビタミンB6は水溶性だから、多い分は尿として対外に排出されるから過剰摂取はそんなになりません。

ビタミンB6を過剰に数か月間にわたって摂取すると、神経障害を引き起こすリスクがあります。

長期間にわたり、推奨量を大幅に超えるビタミンB6を摂取した場合

  • 歩行障害
  • 手足のしびれ
  • 骨の痛み
  • 力がはいらなくなる

ビタミンB6を安全に摂取するためには、バランスの取れた食事から自然に摂取することが最も理想的です。

ビタミンB6を効率良く摂る方法

ビタミンB6は、つわりの軽減だけでなく、妊娠全般の健康維持に欠かせない栄養素です。

ビタミンB6を多く含む食品、日々の食事にこれらの食品を取り入れるコツ、さらにはビタミンB6サプリメントの選び方まで、妊娠中におけるビタミンB6摂取のポイントを詳しく解説します。

ビタミンB6を多く含む食品

ビタミンB6は、さまざまな食品に含まれていますが、特に以下の食品には豊富に含まれており、妊娠中の摂取におすすめです。
妊婦さんはの1日の摂取量は約1.9mgから2.0mgが目安です。

妊娠中におすすめのビタミンB6豊富な食品

  • バナナ:手軽に摂取でき、エネルギー源にもなる。
    100g当たり0.38㎎
  • アボカド:不飽和脂肪酸も豊富で、心血管系の健康にも良い。
    50g当たり0.15㎎
  • 鶏胸:特に胸肉にはビタミンB6が多く含まれている。
    100g当たり0.6㎎
  • サーモン:マグロなどの魚類も良いビタミンB6源です。
    80g当たり0.46㎎

日々の食事に取り入れるコツ

  • 毎日の食事にこれらの食品をバランス良く取り入れる。
  • 食事の計画を立てる際に、ビタミンB6を多く含む食品を意識して選ぶ。
  • スムージーやサラダなど、様々な料理にアボカドやバナナを加えることで、ビタミンB6の摂取量を増やす。

ビタミンB6サプリメントの選び方

食事から十分なビタミンB6を摂取することが難しい場合は、サプリメントを利用するのも一つの方法です。しかし、サプリメント選びには以下のポイントに注意しましょう。

安全なサプリメントの見分け方

  • 製品は信頼できるメーカーから購入する。
  • 成分表示を確認し、不必要な添加物が含まれていないかチェックする。
  • 医師や栄養士の推奨するブランドや製品を選ぶ。

妊婦におすすめのビタミンB6サプリ

  • 妊婦さん向けの製品を選ぶ
  • 葉酸を含んだサプリがおすすめ

ビタミンB6の効率的な摂取法を取り入れることで、つわりの症状の軽減はもちろん、妊娠中の栄養バランスの向上にもつながります。食品からの摂取を基本としつつ、必要に応じてサプリメントも上手に活用しましょう。

まとめ:ビタミンB6でつわりを乗り越えよう

ビタミンB6は妊娠初期のつわり軽減に役立つ重要な栄養素であり、妊娠中の健康維持にも欠かせません。この記事では、ビタミンB6の効果、摂取方法、および安全なサプリメントの選び方について詳しく解説しました。

  • ビタミンB6を多く含む食品として、バナナ、アボカド、鶏肉、魚などが挙げられます。これらの食品を日々の食事に上手く取り入れることで、必要なビタミンB6を効率良く摂取することが可能です。
  • ビタミンB6サプリメントを選ぶ際は、信頼できるメーカーのものを選び、成分表示を確認して、不必要な添加物が含まれていないかチェックすることが大切です。また、医師の指導のもとで適切な摂取量を守ることが重要です。

ビタミンB6の摂取は、つわりの軽減だけでなく、妊娠中の健康維持にも寄与します。バランスの取れた食事を心掛け、必要に応じてサプリメントを利用することで、より快適な妊娠生活を送りましょう。医師や栄養士のアドバイスを受けながら、安全で健康的な方法でビタミンB6を摂取することが、あなたとお腹の赤ちゃんの健康を守る鍵です。

Tag一覧