当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

マタニティ

【アボカドだけじゃない】知らない妊婦さんのリステリア感染

妊娠中はアボカド注意って聞いたことありませんか?

その理由は、アボカドの皮に付着するリステリア菌が問題なんです。

先に結論

アボカドは
日本の環境だと洗ってから食べれば問題ないとされています。
※アボカドは輸入品が多いから注意は必要です。

それよりも
気にする事あり

厚生労働省も認める

妊婦さんが気を付けるべき
リステリア菌でヤバイ食品は他にももっとあります。

アボカドと言えば
サラダにサンドウィッチ、わさび醤油が美味しいのに、妊婦さんは食べちゃダメなの??

アボカドは『森のバター』とも言われていて栄養豊富で健康に良いとされているのに何で??

アボカドだけじゃないリステリア菌の脅威を紹介します。

リステリア菌の詳細と注意点も紹介します。

特に妊娠中は、食品に対する注意が一層必要です。

今回は、妊娠中にアボカドを安全に食べるためのポイントを、詳しく解説していきます!

妊娠中にアボカドを安全に食べる方法

アボカドは妊娠期に食べてはいけない食材ではない

しかし、栄養価が高いから妊娠中毒症に注意して下さい。

確かにアボカドの皮にはリステリア菌が付着している可能性はあります。

よく皮を洗って使用すれば問題ない

アボカドは生鮮食品だし、リステリア菌が増殖・繁殖してしまうリスクは低い食材ですし、妊娠期に厳禁な食材としての指定もないです。

アボカドと妊娠中の食品安全

アボカドは「森のバター」とも呼ばれるほど、栄養がぎっしりと詰まっています。

アボカドの栄養と妊娠中の利益

ビタミンEやオメガ3脂肪酸、葉酸など、妊娠中の女性にとって必要不可欠な栄養素を多く含んでおり、妊娠中の健康維持に役立ちます。

葉酸は重要

胎児の脳と脊髄の発達に欠かせない栄養素です。

アボカドを安全に食べるためには、いくつか注意すべきポイントがあります。

食品の安全性とリステリアのリスク

妊娠中は免疫力が低下するため、食品を通じた感染症に特に注意が必要です。

リステリア菌は、土壌や水など自然界に広く存在し、食品を介して人に感染することがあります。

アボカドの外皮にもこの菌が付着している可能性があるため、アボカドを食べる前には適切な洗浄が必要です。

リステリア菌に感染しっちゃったら

妊婦さんは流産や早産のリスクが高まります。

アボカドの正しい洗い方

アボカドを安全に食べるための最初のステップは、流水での適切な洗浄です。

流水での洗浄方法

アボカドの表面を優しく流水で洗い、可能であれば柔らかい野菜ブラシで軽くこすって下さい。

人によっては、野菜が洗える洗剤を使う人もいると思います。

これにより、表面に付着している可能性のあるバクテリアや土を効果的に取り除くことができます。

オーガニックのアボカドを選ぶ

ついでに、農薬のリスクも避けましょう。

表面に残る可能性のある農薬を除去。また、可能であれば、農薬の使用が少ないとされる有機栽培のアボカドを選ぶのも良いでしょう。

このセクションでは、妊娠中にアボカドを安全に食べるための基本的な情報をご紹介しました。次は、より具体的な洗い方や安全に摂取するための工夫について詳しく解説していきます。

妊娠中のアボカドの栄養

妊娠中は栄養バランスの良い食生活が非常に重要です。

アボカドはその豊富な栄養価により、母体と胎児の健康をサポートする素晴らしい食品です。

ここでは、アボカドが妊娠さんにとってどのようなメリットをもたらすのか、またその摂取に際してのヒントを紹介します。

アボカドの栄養が妊婦にもたらすメリット

アボカドには、妊娠中の女性とその赤ちゃんに必要な栄養素がたくさん含まれています。これらの栄養素は、健康な妊娠と胎児の成長をサポートします。

必要なビタミンとミネラルの供給

アボカドはビタミンE、C、K、B-6、リボフラビン、ニアシン、葉酸、マグネシウム、ポタシウムなど、多くのビタミンとミネラルを含んでいます。

特に葉酸は、胎児の脳と脊髄の発達に欠かせない栄養素です。

妊娠中にアボカドを食べるコツ

アボカドを選ぶ際は、外皮が黒くなりすぎず、やや柔らかいものを選びましょう。

包丁で半分に切って皮から外して種を取り出す感じ意外と簡単に出来ます。

アボカドはサラダ、スムージー、または単品での摂取がおすすめです。

妊娠中は特に、アボカドの摂取量にも注意し、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

リステリア菌を多く含む食材

リステリア菌は妊娠中の女性にとって特に注意が必要な食中毒の原因菌の一つです。

妊娠中の女性がリステリア菌に感染すると、流産や早産、新生児の健康問題を引き起こすリスクが高まるため、リステリア菌を多く含む可能性がある食材について正しく知り、適切な予防策を講じることが大切です。

リステリア菌ってどんな菌?

妊婦さんは重症化しやすい!

リステリア菌(Listeria monocytogenes)は、低温でも増殖することができる細菌で、特に冷蔵保存されている食品を介して人に感染することがあります。

多くの場合、健康な成人では軽度の症状または無症状で済みますが、妊娠中の女性、高齢者、免疫力が低下している人では重症化しやすい特徴があります。

感染すると、発熱や筋肉痛、胃腸炎の症状を引き起こすことがあり、重症化すると敗血症や脳炎を引き起こすこともあります。

リステリア菌含む食品の例

リステリア菌はさまざまな食品を通じて感染する可能性がありますが、特に以下のような食品に注意が必要です。

  • 生の野菜や果物: 汚染された土壌や水を介してリステリア菌が付着することがあります。十分に洗浄しないまま生で消費すると感染のリスクがあります。
  • 未加熱の乳製品: 特に生乳から作られたチーズ(フェタチーズ、ブルーチーズ、カマンベールチーズなど)はリステリア菌のリスクがあります。
  • 冷蔵されたレディ・トゥ・イート食品: ハムやソーセージ、冷蔵のパテやスライスされたデリ肉など、加熱せずにそのまま食べる冷蔵食品は、リステリア菌が増殖しやすい環境です。
  • 冷蔵されたスモークサーモン: 冷煙された魚製品もリステリア菌が増殖しやすく、感染のリスクがあります。

リステリア菌による食中毒を防ぐためには、食品を安全に取り扱い、特に妊娠中の女性は上記の食品を避ける、または摂取する際には十分な加熱をするなどの予防策を講じることが推奨されます。

まとめ

リステリア菌による食中毒は、妊娠中の女性にとって深刻な健康リスクをもたらす可能性があります。

この細菌は冷蔵保存されている食品を介して感染することが多く、特に生の野菜や果物、未加熱の乳製品、冷蔵されたレディ・トゥ・イート食品、冷蔵されたスモークサーモンなどがリスクを持つ食品として挙げられます。

リステリア菌を避けるためには、これらの食品の取り扱いに注意を払い、特に妊娠中の女性はこれらの食品を避けるか、安全に消費するための適切な処理方法を実践することが重要です。

食品を安全に楽しむためには、適切な洗浄、安全な食品の選択、そして十分な加熱がリステリア菌感染予防の鍵となります。

Tag一覧