当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

うつ病にドテラのエッセンシャルオイルの使い方

一時的な落ち込みは誰でもありますが、落ち込みが数週間続くのは鬱病のです。

不安や焦り、自分を責めるといったのが心の症状で、睡眠障害や食欲不振、動悸、口の乾き、倦怠感などが、体の症状です。

早めに対処するのが1番です。もう遅いから諦めないでポジティブに色々と試し自分にあったか改善方法をさがして下さい。

エッセンシャルオイルはフィーリングでOKで、自分が直観で好きって感じたオイルを使ってね

気分を明るくしたり抗うつ作用が期待できるエッセンシャルオイルを紹介します。

この記事は、『エッセンシャルオイル家庭医学事典』を参考にしています。

うつ病の症状と原因

うつ病は、身体的な症状と精神的な症状を引き起こす病気です。

  1. 身体的な症状としては、睡眠障害や疲労感・倦怠感、首・肩のこり、頭が重い、頭痛などがあります。これらの症状は、体の不調を引き起こし、仕事や学校などの日常生活に支障をきたすことがあります。
  2. うつ病には心の不調も伴います。意欲・興味の減退、仕事能力の低下、抑うつ気分、不安・取り越し苦労などが挙げられます。これらの症状は、心の健康状態に大きな影響を与え、人間関係や社会生活にも悪影響を及ぼすことがあります。

うつ病の原因は一つではありません。

生物学的な要因や遺伝的な要素、環境的な要因などが関与しています。脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることやストレスの蓄積などが、うつ病の発症に関与していると考えられています。

うつ病は、診断が難しい病気であるため、精神科や精神神経科の専門医の診断が重要です。特に、「憂うつな気分」と「何に対しても興味が持てない」という症状がうつ病の診断において重要な要素とされています。

病院に行き薬物療法や認知行動療法などが一般的な治療法と個々の症状や状態に応じた適切な治療方法を選択することが重要です。

病院の治療と並行してドテラの100%植物由来のエッセンシャルオイルを並行して使ってみて下さい。

うつ病にオススメのドテラのエッセンシャルオイル12選

気分を明るくしたり抗うつ作用が期待されるエッセンシャルオイルを紹介します。

香りには、癒し効果がある事は体感で知ってる7と思います。森林浴や好きな食べ物匂いなんかもその一つです。

レモン

ドテラのレモンはそのまんまの絞ったレモン汁って感じだから、焼酎やレモン水に使う人も多いです。1つの瓶に約レモンの果皮4~5個分の果皮が入ってます。

レモンは、シトラールという芳香化学成分が含まれていて抗うつ作用があります。

レモンの香りは、リフレッシュ効果があり、気分を明るくする効果があります。また、レモンの香りにはストレスを軽減する効果もあります。

レモンは、うつ病の軽減や、リラックス効果や集中力の向上にも役立ちます。しかし、注意点としては、アロマテラピーは補完療法として使用することが重要です。医師と相談し、適切な治療方法を選ぶことが大切です。

オレンジ

オレンジも搾りたてオレンジって感じで良い香りがします。

オレンジの香りは、気分をリフレッシュさせ、ストレスを軽減してリラックス効果をもたらし、心を穏やかにしてくれます。

また、オレンジに含まれるリモネンという成分は、抗うつ作用があります。リモネンは脳内のセロトニンの分泌を促進し、気分を安定させる効果があります。

ウィンドエレベーション (旧ウィンドリズム)

ウィンドウリズムが新しくなりウィンドエレベーションに生まれ変わりました。

ウィンドエレヴェーションは活力を取り戻す事に特化したブレンドオイルです。

使用例

  1. 落ち着かない気分をなだめて、自尊心を高めるためにディフューズ。
  2. 朝、お子さんのお目覚め前の時間にディフューズして、ポジティブで元気な気分に。
  3. 気分をあげて、元気になりたい時に。
  4. 手首や首に塗布して朝の気分を盛り上げ1日のスタートの盛り上げに。

ブレンドしてあるオイル

ラバンジン・タンジェリン・ラベンダー・アミリス・クラリセージ・ハワイアンサンダルウッド・イランイラン・ホーウッドリーフ・オスマンタスエキス・レモンマートル・メリッサ

ウィスパー(マグノリアタッチ)

ウイスパーはマグノリアタッチに変わります。マグノリアタッチはロールオンタイプでどこでも気軽に塗布出来ます。

マグノリアタッチはリラックス効果があり、ストレスや不安の感情を和らげることができます。

ドテラのマグノリアタッチは、肌を保湿し、なめらかにする効果もあります。

ラベンダー

ドテラのラベンダーフレッシュな香り香りがするので、トイレの芳香剤でラベンダーを嫌いになった人に嗅いでもらいたいです。きっと好きになると思います。

ラベンダー万能ハーブとして昔から愛用されてきた歴史があります。

安眠やリラックス効果があり、ストレスや不安を緩和することができます。その香りは心を落ち着かせ、穏やかな気持ちにしてくれます。

ラベンダーは睡眠の質を改善する効果もあります。うつ病では睡眠障害のケアにもOKです。

寝る前にディフューズするか、枕に1滴垂らしてもOKです。

ベルガモット

ベルガモットは柑橘系の香りであり、リラックス効果があります。

そのため、うつ病の症状である落ち込みや不安を軽減するのに役立つとされています。

また、ベルガモットには抗うつ作用もあると言われており、気分を明るくする効果が期待できます。

情報ソース:アロマコム

光毒性

ベルガモットは光毒性があるため肌への塗布後12時間は、日光や紫外線に当たると肌に刺激を与える可能性があります。

ミルラ

ミルラの香りはリラックス効果があり、ストレスを和らげることができます。

ミルラはうつ病の食欲不振や消化不良の症状に胃腸の調整を助ける作用があり、おなかの不調を改善することができます。

ウィインターグリーン

ドテラのウィンターグリーンは、サリチル酸メチルを約97%含んでいて湿布のような香りを持ち、メディカルオイルとして使われます。

サリチル酸メチルは湿布にも含まれていて、サロンパスにも含まれています。

このエッセンシャルオイルは、古くから痙攣や筋肉痛の鎮痛剤として使用されてきました。

ウィンターグリーンには、刺激性の成分であるサリチル酸メチルが含まれており、ストレスやうつ症状を軽減する効果があります。

クラリセージ

クラリセージに含まれる成分の一つであるスクラレオールは、エストロゲン様作用を持ち、ホルモンバランスを整える効果があります。これにより、女性特有の悩みや月経前症候群、生理不順、更年期の症状の緩和にも効果的であるとされています。

さらに、クラリセージは子宮強壮作用もあり、陣痛を和らげ分娩を促すためにも使用されることがあります。イギリスの研究では、クラリセージの香りが陣痛に与える影響を分析し、妊婦のリラックス効果を確認しています。

クラリセージは不安やストレスを和らげる効果もあります。その香りは、脳内ホルモンであるオキシトシンの分泌を促進すると言われています。オキシトシンは幸せホルモンとも呼ばれ、心を安定させる効果があります。

情報ソース:くらしとアロマ

さらに、クラリセージは月経の不快感を緩和する効果もあります。ホルモンバランスを整える働きにより、月経周期を調節し、月経痛や腹痛の緩和にも効果的です。研究では、クラリセージの効果が鎮痛剤であるアセトアミノフェンよりも優れていることが示されています。

ユーカリプタス

ユーカリプタスの香りは甘くてフルーティな香りであり、リラックス効果が期待できます。うつ病の症状の一つに不安やストレスがあります

また、ユーカリプタスに含まれる1.8シネオールという成分は抗菌力を持ち、揮発性があるため蒸気吸入などを行うことで効果的に作用します。

うつ病の症状には体調不良や倦怠感がありますが、ユーカリプタスの効果によって体調ケアに役立てて下さい。

ヘリクリサム

ヘリクリサムは、抗うつ作用や鎮静作用、神経強壮作用があり、心や体にさまざまな効果をもたらします。

ヘリクリサムの香りは、ハチミツの様に甘くフルーティーで、心をリラックスさせ、気分を前向きにリフレッシュする効果があります。

また、ヘリクリサムは安眠にも効果的であり、うつ状態の改善に役立つことが期待されています。

エッセンシャルオイルを過信しないでエッセンシャルオイルは補完療法として使用するものであり、医師の診断のもと症状をはっきりさせてから医師の診察と並行して使用して下さい。

アロマセラピーは心身の健康に役立つものですが、分からない事があればドテラの紹介者に聞いてみて下さい。 

以上がリラックスや鎮静作用から気分を落ち着かせて前向きになるような香りのエッセンシャルオイルを紹介しました。

色々ありますが、全部なくてもOKです。

エッセンシャルオイルは
フィーリングでOK
自分が直観で
好きって感じた
香りを使って下さい。

うつ病にエッセンシャルオイルの使い方

色々なエッセンシャルオイルが登場しますが、全部持ってなくてもOKです。先ずは持ってるオイルから初めて下さい。

気分を明るくする

使用するオイル:レモン・オレンジ・ウィンドエレヴェーション・ベルガモット・グレープフルーツ・ウィスパー・ミルラ・ウィンターグリーン・ラベンダー

【ディフューザー】
上記のお好きなオイルから6滴ディフューザーにお混ぜて、25分以上ディフューズして下さい。

【吸入】
上記のお好きなオイルの瓶の蓋を開けて鼻から直接ゆっくり吸入して下さい。

耳の後ろや手首に塗布して香水と使ってもOKです。ハンカチに1滴垂らしても持ち歩くのもOKです。

抗うつ作用のオイルで元気に

使用するオイル:レモン・ウィンドエレヴェーション・ウィスパー・ラベンダー・クラリセージ・ユーカリプタス・ヘリクリサム 

【ディフューザー&吸入】
オススメは、レモンとベルガモットですが、上記のお好きなオイルからディフューザーに6滴入れて香りを散布するか、瓶の蓋を開けて鼻から直接ゆっくり吸入して下さい。

【塗布】
上記のお好きなオイルから額や肩、足にオイルを1~2滴塗布します。キャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖にオイルを1~2滴混ぜて体全体をマッサージします。

※マッサージに使う場合は、香りが混ざっても良いので、重ねて塗布してもOKです。ブレンドオイルもあるぐらいなので、とにかく自分が気に行ったらOKです。

まとめ

エッセンシャルオイルの芳香化学成分に抗うつ作用がある事分かります。特にうつ病は本人が1番分かるので、自分の調子に合わせて好きな事を試してみて下さい。

Tag一覧

読んでね

POSTED COMMENT

  1. ドテラ エッセンシャルオイルのイランイラン| より:

    […] 過呼吸・動悸・月経痛・不安・不感症・欲求不満・不眠・緊張・糖尿病・精神的疲労・呼吸異常・頻拍・血圧低下・心臓機能のバランス異常・インポテンツ・感染・腸疾患・性的要因・疾患・ショック・皮膚疾患・更年期障害・動脈性高血圧・乾燥肌・脂性肌・ニキビ・吹き出物・脱毛・薄毛・空気清浄・ストレス・鬱・体臭・消化不良・普通肌・リラックス・PMS、更年期障害 […]

  2. […] 肥満・疲労・胃痛・摂食障害・食欲不振・冷え性・肩こり・セルライト・むくみ・脂性肌・ニキビ・吹き出物・ストレス・ヒステリー・無気力・二日酔い・夏バテ・鬱・胆石・時差ボケ・肝機能障害・偏頭痛・便秘・生理痛・不安・メタボ・体臭・胸焼け・消化不良・喉の痛み・筋肉痛・ダイエット […]

  3. […] 下腹部膨張感・下痢・消化不良・食欲不振・風邪・インフルエンザ・筋肉痛・関節炎・ニキビ・吹き出物・皮膚炎・ヤケド・鬱・緊張・不安・ストレス・無気力・消化器系の痙攣・痛風・感染・偏頭痛・吐き気・筋肉疲労・神経痛・痔・血液やリンパの滞り・リウマチ・脂性肌・毛穴の黒ずみ・肩こり・生理不順・便秘・ダイエット・イライラ・生理痛・くま・くすみ […]

  4. […] 風邪・インフルエンザ・発熱・胃痙攣・下痢・糖尿病・高血圧・ヘルニア・勃起不全・食欲不振・鬱・緊張・更年期障害・頭痛・発汗・鎮痛・健胃・不安・消化不良・筋肉痛 […]

  5. […] 生理痛・インポテンツ・出産・更年期障害・ホルモンバランスの不調・咳・筋肉痙攣・肌荒れ・シミ・シワ・乾燥肌・ヘアケア・ストレス・鬱・不安・不眠・結膜炎・湿疹・不感症・冷え性・PMS・捻挫 […]

コメントを残す