当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

アロマの香りは迷惑?職場で迷惑にならない方法は?

アロマ言っても、多くの種類があります。柔軟剤や、香水、整髪料、制汗剤など様々な物があります。

アロマと言う言葉は、一般的に香りや、作られて香りと認識されてる事が多いですが、アロマ臭とは、植物から抽出した芳香成分の香りを言います。

職場などで『あの人の香り臭い』『あの香り苦手』と思う香りは、科学的に調合された柔軟剤や香水などの可能が高いです。

アロマ臭の基礎知識と『臭いの害・香害』天然成分100%の植物由来のエッセンシャルオイルの香りで周りの人に配慮する香りの使い方とオススメのオイルを紹介します。

この記事で分かる事
  1. アロマの香りって何?
  2. アロマは人工的な香り
  3. 気持ち悪くなる原因
  4. 香害や化学物質過敏症
  5. アロマとエッセンシャルオイルの違い
  6. 職場での使い方

エッセンシャルオイルは、植物を生搾りした感じで、そのままの香りするから万人受けし易いよ!

アロマとは?

アロマ(aroma)とは「芳香」を意味し、心地よい香りのことを指します。

また、植物から抽出した香りの成分である「精油(エッセンシャルオイル)」を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てようとする自然療法を「アロマテラピー(aromatherapy)」といいます。

アロマオイルとは?

アロマオイルとは、香り成分を人工香料やアルコールなどと調合したオイルの総称で、フレグランスオイルやポプリオイルとも呼ばれます。エッセンシャルオイル(精油)をベースに化学的に合成された香りが加えられ、香りを長時間持続させたものが多いです。

人工的な香りは好き嫌いがある

人工的な香りは、人によって好き嫌いが分かれることがあります。その理由は、脳が香りの持つ効果や作用を必要としていないためです。また、合成香料は化学反応によって生成されているため、使いすぎると体内に大量の化学物質を取り込んでしまい、頭痛やアレルギー症状などといった健康被害を引き起こす可能性もあります。

アロマで気持ち悪くなる

アロマや香りで気持ち悪くなった経験は誰でもあると思います。

子供の頃に嗅いだ、強い香水の香りや化粧品の香りなどあると思います。

大人になっても体調がすぐれない時などは、強い化学製品の香りで吐き気や気持ち悪くなった事もあると思います。

アロマで気持ち悪くなる原因

アロマは合成物質で出来ていて嗅覚は本能にダイレクトに伝わる感覚で脳が香りの持つ効果や作用を必要としていないためです。

脳の拒否反応です。

使いすぎると体内に大量の化学物質を取り込んでしまい、頭痛やアレルギー症状などといった健康被害を引き起こす可能性もあります。

100%植物から抽出された、化学物質を含んでない純粋なエッセンシャルオイルなら大丈夫です。

アロマは人工的な香りの代名詞

アロマとは人工的に作られた香りだから好き嫌いが分かれて当然です。

香害とは?

香害とは?

香害とは、香水や合成洗剤・柔軟剤・化粧品・芳香剤などに含まれる合成香料(科学物質)による健康被害のことで、目やのどの痛み、せき、頭痛、めまい、吐き気、アレルギー症状などを誘発します。近年では、この香害が原因となって、化学物質過敏症を発症する人もいます。

厚生労働省

しかも、人工的に作られて香りは、頭痛やアレルギー症状があるから、職場などの多くの人が居る、共有スペースでは『香害』と言われても当然だと思います。

分かり易く言うと、体臭がきつい人が嫌がれる様に、人工的に合成されて香りも嫌われてもおかしくないと思います。

化学物質過敏症とは?

生活環境の中の微量な化学物質に接することにより、体調が悪くなる症候群といいます。

これは、各自治体や消費者庁によっても定義されているので、化学物質によって他人に迷惑をかける『香害』にならない様に十分に注意して下さい。

香害とは?

香水や合成洗剤・柔軟剤・化粧品・芳香剤などに含まれる合成香料(科学物質)による健康被害のことを言います。

化学物質過敏症も同様に、化学物質が原因で起きる

アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマオイルとエッセンシャルオイル(精油)の違いは、アロマオイルにはエッセンシャルオイルに化学物質や合成香料が添加されていることです。エッセンシャルオイルは植物から抽出した天然の香料で、高品質で様々な効果が期待できます。

アロマオイルとは?

アロマオイルは100均などでも売ってたり安価なため個人的に日常的に香りを楽しむのに適していますが、化学物質が含まれている為、香害や化学物質過敏症のリスクがあります。

エッセンシャルオイルとは?

エッセンシャルオイル(精油)とは、植物の花や葉、果皮、種子、樹脂、樹皮などに含まれる芳香成分を抽出して精製して作られる、自然そのままの100%天然由来の液体です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質で、各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となります。

生搾りって感じのフレッシュな香りが素敵なの

アロマはエッセンシャルオイルがオススメの理由

エッセンシャルオイルは100%植物から抽出された効能が期待される『芳香成分』のみを凝縮したオイルです。

例えば、ドテラのグレープフルーツのエッセンシャルオイルを抽出するのに、一般的な15㎖の小瓶1本を抽出するのに、約45個分グレープフルーツの果皮を使っています。

ギュッと凝縮されてるのが分かると思います。

ドテラ

エッセンシャルオイル15㎖は、約300滴分あります。

オススメのドテラのグレープフルーツの値段」は?

会員価格だと3000円で生搾りのそのまんまグレープフルーツの香りオイルが買えます。

果皮のビターな香りがすっごく良い!!

エッセンシャルオイルの効能

エッセンシャルオイルの香り(芳香成分)は鼻に入って嗅覚を刺激し、脳に働きかけたり、肺から全身を巡ったりします。

また、マッサージにより、皮膚から身体に浸透します。

アロマの香りが視床下部に直接働きかけることで、自律神経やホルモンのバランスを整えることができ、身体の緊張がほぐれ、気持ちが落ち着き、心身共にリラックスすることができます。

芳香成分とは?

芳香成分とは、

香りを嗅ぐと、脳の中枢部にある大脳辺縁系が匂いの情報を判断し、感情や記憶を呼び起こします。また、香りの情報は、内分泌系や自律神経系を司る視床下部や下垂体にも伝わるため、ホルモンの分泌が促進され、リラックス効果や幸福感を得ることができます。

エッセンシャルオイルの抽出方法

エッセンシャルオイルは、水蒸気蒸留法や圧搾法によってエッセンスを抽出することで得られます。水蒸気蒸留法はもっとも一般的で、植物原料(チャージ)を静止容器に入れてから、蒸気で熱します。熱によって、チャージ内のエッセンシャルオイル貯蔵チャンバーが開き、オイルを蒸気に放出します。

ビックリするほど古風な感じだから見て欲しいです。

抽出後は、しっかり検査してるのがドテラの凄い所です。

YouTube:ドテラの水蒸気蒸留

アロマオイルで気持ち悪くなる原因

アロマオイルを使って気分が悪くなる原因としては、合成のアロマオイルや品質の悪いアロマオイルを使用している可能性があります。アロマオイルを選ぶ際は、ラベルに「精油」「エッセンシャルオイル」「Pure Essential Oil」と表記があるかを確認し、価格が異常に安い製品は避けるようにしましょう。エッセンシャルオイルの抽出には大量の原料と手間がかかるため、どうしても値段が高くなってしまいます。

職場でアロマのメリット・デメリット

香害で苦しむ人がいるいじょうは、配慮しないといけません。

アロマを使用する事で自分はリラックス効果が他人にとってストレスになるリスクも理解しなければいけません。

職場でアロマするメリット

  • 集中力が上がる
  • 良い香りで、リフレッシュされて脳が活性化されて仕事の生産性が向上する

職場でアロマするデメリット

  • 嫌われる
  • 仲間に健康被害に遭わせてしまう
  • 生産性が下がる可能性がある
  • 全ての人が同じ香りを好きではない

アロマは化学物質を含んでるから、健康被害が懸念されるからエッセンシャルオイルがオススメです。

オフィスでのアロマ使用 – マナーとルール

すべての人が同じ香りを好むわけではありませんし、香りに敏感な人もいるため、オフィスでアロマを使用する際は適切なマナーとルールが非常に重要です。

このセクションでは、オフィスでアロマオイルを選ぶ際のポイントと、ディフューザーの効果的な利用方法、そして香害を避けるためのフレグランスフリーポリシーについて詳しく解説します。

職場ではエッセンシャルオイルを使おう

多くの人がいて香りの好き嫌いや、香害などの健康被害が懸念されるから、化学物質が入ってない植物由来のエッセンシャルオイルを使いましょう。

植物由来なら香害や化学物質過敏症のリスクを回避出来と思います。

オススメはドテラ

100%植物から抽出したエッセンシャルオイルは化学物質が一切入ってないし、ドテラは『他のオイルブランドと差別化』する為にも手間暇かけてロットごとに成分を分析して公開しています。

正しいアロマオイルの選び方と使用法

オフィスでエッセンシャルオイルを使う際には、まず最も重要なのが「適切なエッセンシャルオイルの選び方」です。

全員が快適に感じることができるように、強すぎず、かつ穏やかで広がりのある香りを選ぶことがポイントです。

例えば、ラベンダーやシトラス系の香りは一般的に好まれやすいです。また、オフィスでは刺激的な香りよりもリラックス効果の高い香りが推奨されます。

オフィスにオススメのエッセンシャルオイル

オフィス用途に適したエッセンシャルオイルを選ぶには、以下の点を考慮しましょう

  1. 香りの強さ:穏やかで、広がりのある香りを選ぶ
  2. 香りの種類:リラックス効果の高いラベンダーや、集中力を高めるペパーミントなど

アロマディフューザーの効果的な利用方法

アロマディフューザーの効果的な使用方法には、以下のポイントがあります:

  1. ディフューザーの位置:人の集まる場所から適度に離れた場所に設置
  2. 使用時間:連続して使用せず、数時間ごとに休憩を入れる

業務用アロマディフューザーの月額レンタル【CSE】

香害を避けるためのフレグランスフリーポリシー

香害は、職場内での不快感や健康問題を引き起こす原因となり得ます。これを避けるために、多くのオフィスではフレグランスフリーポリシーを導入しています。このポリシーは、香りに敏感な人々を守り、快適な職場環境を提供するためのものです。

無香料ポリシーの導入事例

成功例として、ある企業では全従業員が無香料ポリシーを受け入れ、アロマオイルの使用を個人のデスク周りでのみに限定しています。その結果、香害によるクレームが大幅に減少しました。

ポリシー設定時の考慮点とステップ

ポリシーを設定する際の考慮点には、以下が含まれます:

  1. 社内の意見を広く集める:エッセンシャルオイルの使用について従業員から意見を募集し、多様な視点を考慮に入れる。
  2. 法的な規制とガイドラインの確認:地域の法律や規制に違反しないように、適切なポリシーを設定する。
  3. 教育とコミュニケーション:ポリシーを効果的に実施するために、全従業員に対して教育を行い、香害のリスクやポリシーの目的を明確に説明する。

このフレグランスフリーポリシーの導入によって、職場でのエッセンシャルオイル使用が健康リスクを引き起こすことなく、かつ心地よい環境を提供することが可能になります。それにより、エッセンシャルオイルの利点を享受しつつ、香害による問題を最小限に抑えることができるようになります。

心地よい空間づくり【CSEのアロマ空間デザイン】

エッセンシャルオイルのメリット

エッセンシャルオイルの香りは、鼻に入って嗅覚を刺激し、脳に働きかけたり、肺から全身を巡ったりします。

効能には、リラックス、鎮静、抗ストレス、強壮、ホルモン分泌調整、頭脳明晰、消化促進などの機能の代表として、さまざまな働きをする天然の成分があります。


まとめ

職場などの公の場では、香水や柔軟剤、制汗剤などの化学物質が含まれている香りは使用しないで、100%植物から抽出したエッセンシャルオイルは、植物そのまんまの香りで、化学物質が含まれていないから、香害や、化学物質過敏症の人にも配慮できる可能性があります。

試しに臭いを嗅いでもらう時は、瓶の蓋を開けて鼻からゆっくり嗅いでもらいましょう。

エッセンシャルオイルと言っても、多くのブランドがあるので買う時は、しっかりと成分表を確認して買って下さい。

Tag一覧

読んでね

コメントを残す