当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

エッセンシャルオイルの選び方は厳しいCTPG基準を満たしたドテラです

エッセンシャルオイルで高いセラピー効果を得るには、純度や香り、芳香化合物の含有量が重要な要素となります。

芳香化合物とは

植物から抽出されるエッセンシャルオイルに含まれる化学物質のことを指します。

エッセンシャルオイルは植物の花や葉、果皮などから抽出される揮発性の油であり、それぞれの植物によって異なる香りを持っています。

これらの香りの源となるのが芳香化学成分です。

しかしながら、市場にはさまざまな種類のエッセンシャルオイルが存在し、品質のばらつきも見られます。

そこで、ドテラ自社の厳しい60項目のCPTG基準と第三者機関のAPRCの検査をクリアーしたのエッセンシャルオイルが安心でおすすめです。

この記事で分かる事
  1. アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いが分からない人
  2. エッセンシャルオイルが何か分からない人
  3. 種類がいっぱいあって選び方が分からない人
  4. エッセンシャルオイルの成分分析表を公開している所を知りたい人
  5. ドテラが安全なのか知りたい人

※この記事はドテラ ジャパンとエッセンシャルオイル家庭医学事典を参考にしています。

アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いは?

アロマオイルは科学化合物でエッセンシャルオイルは100%植物由来です。

アロマオイルとは、人工的に作られた化学物質で、香りを持つオイルの総称です。一方、エッセンシャルオイルは植物から抽出された植物のオイルです。

【アロマオイル】
合成香料や化学的な成分を含んでいることがあります。これは、香りを再現するために、人工的に作られた化学物質が使用されている

香りを楽しむだけに作られたオイルです。

【エッセンシャルオイル】
植物の花や葉、種子などから抽出された100%植物成分で複数の芳香化合物で構成されてる揮発性のオイルです。

効能が期待できるオイルです。

エッセンシャルオイルとは何?

エッセンシャルオイルは、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出され、それぞれ特有の香りと効能を持ち、複数の高濃度の有効成分を含んだ揮発性の芳香物質です。

エッセンシャルオイルは、古くからアロマテラピーの基本として利用されてきました。

また、植物には芳香化合物が含まれており、これによって植物は保護されたり、鳥や昆虫を引き寄せ受粉を助けたりする役割を果たしています。

植物の無毒化

植物が根や葉から吸い上げて植物の体内で無毒化し栄養や芳香成分に変えて、基本的には人間に無害に変えくれます。

植物が無害化して生成してくれた芳香成分を抽出した揮発性の液体がエッセンシャルオイルです。

『油のう』にエッセンシャルオイルの元の芳香成分が入ってます

「油のう」は、植物の組織内に存在し、精油が含まれています。

精油とは、エッセンシャルオイルの日本語版で同じ意味と思ってOKです。人や場面で使い分ける事があります。

精油は水蒸気蒸留法や圧搾法などの方法で抽出されますが、一般的な植物の油(オリーブ油やゴマ油など)とは異なります。

精油は水に溶けず、水よりも軽いため、油という表現が使われていますが、実際には全く別の物質から成り立っています。

精油は植物の芳香化学物質であり、数十から数百種類の有機化合物が集まっています。

これらの有効成分を高濃度に含んだ揮発性の芳香物質が精油と呼ばれています。精油は芳香性、揮発性、親油性(脂溶性)の特徴を持ち、高濃度で存在しています。

エッセンシャルオイルの選び方

最初に考えるのは、自分がなにをしたいかです。

例えば、香りだけを楽しみたい・アロママッサージをやってみたい・摂取したい・薬から離れたい・アロマセラピーで美と健康に役立てていく自然療法をやってみたい etc….

ただ香りだけを楽しみたいのであれば、アロマオイルでもエッセンシャルオイルでもOKだし、肌に塗布したり摂取となればエッセンシャルオイルじゃないと危険です。

今まで話してきた事で察していただける様に、厳しく真摯にエッセンシャルオイルに向き合ってるのがドテラなんです。

その理由は、厳しいCPTG基準を設けたり第三者機関の『APRC』に検査を依頼したり、ロットごとに成分分析表を公開しているからです。 

他のエッセンシャルオイルのブランドなんかは、箱の中に使い回しの成分分析表の紙が入ってたり、成分の合計(total)が100になってないブランドもあります。

そして、成分分析表を公開してるのもドテラが他と違ってすごい所なんです。

成分分析表を公開してて100%になってるか?

他社を踏み台にしてドテラが凄いとか言いたくはありませんが、比較で他社がHPで公開しているレモンの成分分析表を見て下さい。

ここで気になって欲しいのが、Totalなんです。

 成分の合計が94.77%になってます。

あとの5%ってなに??

ちなみに同じレモンでドテラの成分分析表を見て下さい。

クリックで大きく見れます。

ドテラの成分分析表でTotalが100%になっています。

世界中のエッセンシャルオイルの会社の中でも成分分析表を公開してい所が少ないにも関わらず、公開していても100%になってなくてあと5%はなに??って感じがエッセンシャルオイルの現状です。 

メディカルグレード認定されたエッセンシャルオイルなら安心して使えるかもですが、ご自分で調べて下さい。

有名な企業のエッセンシャルオイルも成分を公開していません。

2015年12月17日で古いですが、検索上位に出るので現在も同じかと思います。

成分表を気にしてる人は多いようです。

無印のエッセンシャルオイルって安くはないのよ

あなたならどっちを選ぶ?
成分分析表を

公開している

公開してない

どっちを選ぶ?

エッセンシャルオイルのメーカーを選ぶ時は、成分分析表を公開してあって成分のTotalが100%になっているエッセンシャルオイルを選んで下さい。

せっかくお金払うんだから少しでも安心できるエッセンシャルオイルを買った方が良くないですか?

オイルには不純物が混入している可能性があり、事故的もしくは意図的な混入に分けられます。事故的混入は意図的ではなく、製造工程の設備が十分に整ってない場合など不適切な状況下で多く起こります。それに対し故意による混入が意図的混入であり、他の成分が混ざることにより低品質なオイルとなります。

80%以上のエッセンシャルオイルは何らかの方法で不純物が含まれています— APRC

doTERRA Sauce To You

だから、ドテラは厳しいCPTG基準で設けています。

ドテラのCPTG基準とは?

ドテラはなぜCPTG基準を作ったか知ってますか?

  1. 合成エッセンシャルオイルを見極めて差別化
  2. エッセンシャルオイルの精密な成分分析で性質を確保する為

合成エッセンシャルオイルの生産方法が開発されるなかで、さらに精密な分析方法が必要とされています。時間をかけて、マス分光学など、新しい分析方法が開発されました。キラル分析、フーリエ変換赤外分光法、炭素同位体を専門とする分析学者達は、それぞれのエッセンシャルオイルの構造をより詳細に分析する方法を開発しています。

doTERRA

合成エッセンシャルオイルと言われない為の努力や真剣さの現れですね。

CPTG基準の検査内容

官能検査 
微生物試験 
ガスクロマトグラフィー試験 
質量分析法 
フーリエ変換赤外分光法
 旋光度測定
 同位体解析
 重金属試験 

などなど、60種類の検査があると言われています。

ドテラは、CPTG基準を設けることで、高品質なエッセンシャルオイルを提供しています。CPTGは、AFNOR(フランス規格協会)やISO(国際標準化機構)の基準をはるかに超えるものであり、マススペクトロメトリーとガスクロマトグラフィーが行われることで、抽出物の構成や働きを明らかにします。

CPTG®検査は3回行われます

蒸留後すぐに検査が始まる

回数タイミング内容
1回目蒸留後すぐオイルの化学組織が調べられる。
2回目製造施設にオイルが運ばれたら最初と同じ化学組織か確認
3回目瓶に充填されたらオイルが汚染されてないか。予期せぬ変化が起きてないか

その後に4回目のAPRCの検査がありロットごとに成分分析表が出来ます。

詳しくはドテラHPの『CPTG品質管理』をご覧ください。

読むのめんどくさいって人はYouTubeを見て下さい。
↓↓

  YouTube ドテラ公式 doTERRAのCPTG基準

エッセンシャルオイルは原料の植物で決まる

エッセンシャルオイルの品質は、その純度や製造過程によって左右されます。

まして、農薬まみれの植物で抽出されたエッセンシャルオイルをどう思いますか?

ドテラは土壌にもこだわりがあり、残留農薬がない土地で栽培しています。

ドテラのエッセンシャルオイルの購入方法と会員制度

ドテラのエッセンシャルオイルは、通販や直接購入で手に入れることができますが、高い事が多いです。

ドテラのエッセンシャルオイルはドテラからでしか買えません。

ですが、一部の会員が、1本かったら〇〇のエッセンシャルオイルが貰えるキャンペーンなどでゲットしたエッセンシャルオイルを転売している可能性があります。

ドテラの公式ウェブサイトでは、製品の詳細情報や購入方法が記載されています。また、会員登録をすることで、特典や割引などの恩恵を受けることができます。

このシステムが新規さんやちょっと使ってみたい人が入りずらく怖いイメージが出来てドテラ=詐欺になってしまっていると思います。 

まとめ

香りを楽しみたいって人は、化学合成品のアロマオイルでもOKです。肌に塗布したり摂取したりアロマセラピーとして美と健康に役立てていく自然療法に使ってみたい人は、成分分析表が100%になってい不純物が混ざってないエッセンシャルオイルを選んでください。

エッセンシャルオイルは使い方が簡単の様で、奥が深くてなかなか一人では長期で使うのは難しいと思います。ドテラでエッセンシャルオイルオタクの紹介者さんを見つけられたら楽しく使っていけると思います。

エッセンシャルオイルは自由に使って楽しむのが1番体にも良いと思います。

もし、より信用できるエッセンシャルオイルが気になる人はドテラを調べて見て下さい。

ドテラの認定純粋セラピー等級(CPTG)基準をクリアーしたエッセンシャルオイルは、品質と安全性が保証された製品です。種類豊富なドテラのエッセンシャルオイルを使用することで、セラピー効果を安心して享受することができます。ぜひ、ドテラのエッセンシャルオイルを試してみてください。さまざまな健康や癒しの効果があなたを待っています。

Tag一覧

読んでね

POSTED COMMENT

  1. […] ドテラのエッセンシャルオイルは、自然な成分から作られており、安全性が高いと言われています。そのため、不眠症の方々にとって、エッセンシャルオイルは副作用の心配をすることなく利用することができます。 […]

  2. […] ドテラは合計(100%)になってます。下の画像はドテラのレモンの成分分析表です。 […]

  3. […] 荒れた肌はしみたり、刺激に敏感なのでドテラの優しいオイルを紹介します。 […]

  4. […] 病院の治療と並行してドテラの100%植物由来のエッセンシャルオイルを並行して使ってみて下さい。 […]

  5. […] 高血圧にドテラのエッセンシャルオイルのイランイランや、マジョラム、サイプレスの芳香成分は、血行を改善し、リラックス効果が期待できます。 […]

  6. […] ドテラは、成分分析表が誰でも簡単に成分分析表がダウンロードできます。そんなの当たり前で、ドテラはもっとエッセンシャルオイル作りに真剣です。 […]

  7. […] 辛いダイエットをエッセンシャルオイルが助けてくれるので、成りたい自分になれる様に頑張りましょう! 安心安全のドテラのエッセンシャルオイルをオススメしています。 […]

  8. […] 4回も検査している(CPTG基準)。 […]

  9. […] ドテラのレモンやラベンダー、ライム、グレープフルーツ、ブラックペッパー、ローズマリーのエッセンシャルオイルを使いながら健康意識を高めて生活習慣を改善し内臓脂肪を付きにくく燃えやすい体質へと変える助けとなるかもしれません。 […]

  10. […] エッセンシャルオイルは、植物から抽出されたオイルであり、抗菌や抗ウイルス、免疫強化作用を持っています。これらの効果を利用して、風邪の予防やひきはじめの症状の緩和に役立てることができます。 […]

  11. 赤ちゃんの百日咳にドテラのエッセンシャルオイルの使い方| より:

    […] […]

  12. […] ドテラのエッセンシャルオイルは、市場に出回っている他のエッセンシャルオイルよりも高い品質基準(CPTG基準)を設けています。 […]

  13. […] 正しい使い方や注意点を押さえながら、腸内環境の整え方について解説していきます。私たちの健康を守るために、エッセンシャルオイルの力を活用しましょう。 […]

  14. […] ここで紹介するドテラのエッセンシャルオイルは、加齢臭や体臭を香りでごまかす方法じゃなくて殺菌や抗菌、抗ウイルスに効果が期待できます。 […]

  15. […] ドテラは紹介制なので、ネットワークビジネスって言われています。確かに、表面上しか知らない人はそう思っても仕方ない事です。 […]

  16. […] この基準は、エッセンシャルオイルの製造過程での品質保証を目的としています。 […]

  17. […] ドテラのエッセンシャルオイルは、市場に出回っている他のエッセンシャルオイルよりも高い品質基準(CPTG基準)を設けています。 […]

  18. […] ドテラのエッセンシャルオイルは、市場に出回っている他のエッセンシャルオイルよりも高い品質基準(CPTG基準)を設けています。 […]

コメントを残す