AI

“チャットGPT “は使えるか?

“チャットGPT “は誰が作ったのか?


サンフランシスコにある研究機関「Open AI」が開発したものです。Open AIは、プログラマーで起業家のサム・アルトマンとイーロン・マスク、その他シリコンバレーの富裕層投資家が、「全人類の役に立つ」AI技術の開発を目標に2015年に共同設立した。

Open AIの進歩は目覚ましく、ビデオゲームで人間に勝てるソフトを作ったり、与えられた説明文から絵や文書を生成したりすることができるようになりました。

その最新作が、文書生成ツール「Chat GPT」だ。今回は、Chat GPTとは何か、誰が作ったのか、具体的に探ってみましょう。

Chat GPTとは?


Chat GPTは、文書生成用AIプログラムの一種であるGPT(Generative Pre-Trained Transformer)の最新版です。

現在、Open AIのサイトで「研究用プレビュー」として無償で公開されています。

簡単に言うと、AIを使ったテキスト生成プログラムです。文頭のフレーズを与えると、自然な響きを持つ文末を含む完全な文章を生成してくれます。

Chat GPTはどのように機能する?


Chat GPTは、入力テキストから完全な文章を生成するために自然言語処理と自然言語理解の組み合わせを使用することによって動作します。

長短期記憶モデルとディープラーニングネットワークを使い、スターターセンテンスを元に文章を生成しています。

このような文章生成の方法をテキストジェネレーションといいます。

Chat GPTの特徴


Chat GPTが他のテキストジェネレータと異なるのは、ニューラルネットワークベースのアーキテクチャを採用している点です。

そのため、従来のテキストジェネレータよりもはるかに高速かつ高精度です。

また、わずかなユーザー入力で長い文書を生成する能力も備えています。このため、時間に追われているコンテンツ制作者に最適なツールとなっています。

Chat GPTはどのように使用されるのでしょうか?


Webサイトのコンテンツ作成、会話の自動化、レポートやサマリーの作成など、様々な用途でご利用いただけます。

また、クリエイターがアイデアやスケッチを素早

く作成するためのツールとしても活用できます。スタートセンテンスを提供することで、数分以内にインスピレーションやユニークなストーリーを生み出すのに役立ちます。

Open AIの投資家は?


Open AIの投資家には、19年に10億ドルを拠出したマイクロソフトや、リンクトインの共同創業者リード・ホフマンの慈善団体であるコルスラ・ベンチャーズなどがいる。

Open AIによると、マスク氏は非営利団体Open AIの初期に共同設立し寄付を行ったが、2018年に手を引いたという。

GPTとは何か、その仕組みとは?

GPTとは、Generative Pre-trained Transformerの略で、OpenAIが開発した自然言語処理(NLP)技術の最新版である。

GPT-3は、教師なし学習により、与えられたデータセットからパターンを見つけ出す「トランスフォーマーベースのアーキテクチャ」を採用した最新版です。

GPT-3は、明示的な指示や例で学習させるのではなく、独自のアルゴリズムを用いてパターンを検出し、答えを生成します。

その結果、人間の話し方を模倣した会話や応答を生成することができる。

また、Wikipediaやニュースサイト、書籍、ブログなど、インターネット上の膨大なデータを利用して、ユーザーの質問に対して適切で十分な情報を提供する回答を作成する。

そのデータはツールのアルゴリズムに入力され、自然言語による詳細な応答を生成することができます。

GPT-3に加え、OpenAIが開発したChat GPTは、GPT-3に会話型インターフェースを追加し、より自然で「チャットボット」のような体験を可能にするツールです。

Chat GPTは、企業と顧客の対話方法を変革し、よりパーソナライズされた、魅力的で効率的な顧客サービス体験を生み出す可能性を持っています。

GPTツールの潜在的なアプリケーションとは?

GPTツールは、私たちのコミュニケーション方法を大きく変える可能性を秘めています。GPTツールの潜在的なアプリケーションには、以下のようなものがあります。

  • 顧客サービスの自動化。GPT ツールは、顧客からの問い合わせやクレームへの対応など、顧客サービス業務を自動化するために使用できます。顧客サービスにチャットGPTツールを組み込むことで、企業はよりパーソナライズされた、魅力的で効率的な顧客サービス体験を提供することができます。
  • パーソナルアシスタント。GPTツールを使って、会議の調査やスケジュール調整、新着メールのチェックなどを行うバーチャル・パーソナル・アシスタントを作成することができます。
  • 人工知能(AI)ライティング。GPTツールを使って、AIが書いた記事やストーリーを作成することができます。GPT-3を大規模なコーパスで学習させることで、人間のライターと同等の品質と精度を持つストーリーや記事を生成することができる。
  • タスクの自動完成GPTツールは、データ入力やオンラインチェックアウトなどのタスクを自動的に完了させるために使用することができます。このツールは、データ内の特定のパターンを認識するように訓練することができ、手動入力を必要とせずに複雑なタスクを完了することが可能になる。

チャットGPTで何ができる?

チャットGPTの可能性は無限大です。

どうでもいいような質問に対する回答や、プログラミングの問題解決など、楽しく軽快に利用することができます。

また、歴史的な議論や大学の卒業論文、ポップソングの歌詞、仮想通貨に関する詩など、よりシリアスなインプットを提供することも可能です。本当に何でもできるんです。

チャットGPTを利用するメリット

チャットGPTは実に画期的で、多くの利点があります。例えば、作家が新しいアイデアやストーリーを生み出すのに役立ったり、複雑な問題を解決するためのインプットを提供したりすることができます。

また、大学生が研究論文を作成するのに役立てたり、特定の食事ニーズに合った食事プランを作成するのに利用したりすることもできます。可能性は無限大です。

チャットGPTのまとめ

これまでのところ、チャットGPTに対する反応は圧倒的にポジティブです。

チャットGPTの可能性を探っているカジュアルなユーザーから、ディープラーニング機能を活用しているシリアスなユーザーまで、誰もがこの新しいテクノロジーに感激しているようです。

自然言語処理とテキスト生成のための最も人気のあるツールの1つに急速に成長しました。

AIには他にどんな使い道があるのでしょうか?

考えられる用途のひとつは、Googleなどの検索エンジンの代替となることです。

あるトピックに関する何十もの記事を検索し、ウェブサイトから関連するテキストを提示する代わりに、カスタムメイドの回答を提供することができます。

これにより、自動化されたカスタマーサービスは新たなレベルに到達し、お客様を待たせて人間の担当者と話させることなく、適切な対応ができるようになるかもしれません。

また、ブログの投稿だけでなく、コピーライターが必要だった企業の広報用コンテンツも作成できるようになるかもしれません。

テック業界におけるAI活用を革新するための可能性を探ってみましょう。

AIを機械学習に活用する

機械学習とAIは密接に関係しています。

AIは、コンピューターが一定の条件下で、顔を認識することを学習するなど、機械に学習を教えるために使用されます。

アップルやグーグルなどの企業がこの技術で大きく前進しており、この技術がさらに進歩すれば、AIが機械学習でできることは無限に広がるでしょう。

このような技術は、自動運転車や顔認識ソフトなどに応用され、事故の少ない世界、セキュリティのための顔認識の高速化、ライブモーションドローンの実現などが期待できます。

AIを使った自然言語処理

自然言語処理(NLP)とは、コンピュータが書き言葉や話し言葉を分析する能力のことです。

AIを使うことで、コンピューターソフトウェアに人間の話し言葉を理解・解釈させることができるようになります。

この技術は、カスタマーサービスから医療診断まで、幅広い産業で活用することができます。

例えば、オンラインショップでお客様が過去に検索した内容を分析し、お客様に合わせた体験を提供したり、音声分析によってがんなどの病気を発見したりすることができるようになります。

AIによる自然言語処理の革新は、まさに無限大の可能性を秘めているのです。

AIを用いた画像認識・処理

AIは、画像の認識・処理にも活用できます。

AIを搭載したカメラシステムは、物体の識別、顔の認識、動きの記録などを行うことができます。この技術はすでにグーグルやアップルが実用化していますが、AIの進歩が進むと、画像認識・処理でできることは無限に広がります。

災害対策やセキュリティのための顔認識、医療診断など、AIはさまざまな場面で活用される可能性があります。

不正確であることの危険性

AIは、正確性に欠ける回答を生成し、ユーザーの誤った行動につながる可能性があります。

間違いは、タイプミスから誤った情報まで様々で、ユーザーの体験に大きな影響を与える可能性があります。

購入すべき正しい製品を探そうとする消費者であれ、最適な情報源を探そうとする学生であれ、信頼性の低い情報を与えられることは危険なことなのです。

AIはヒューマンエラーと無縁ではなく、それが生成する答えは、さらに調査しなければ信用できない可能性があることを認識しておくことが重要です。

精度の問題

AIの回答の精度は、学習させたデータの量と、データの質によって大きく左右されます。

データの文脈や関連性をAIに判断させた場合、回答の精度を判断することは困難です。

AIはユーザーの意図や会話の文脈を考慮することができず、誤った情報や無関係な回答をしてしまう可能性があります。

さらに、AIには不正確なデータをフィルタリングする機能がないため、信頼に足らない回答になってしまう可能性があります。

過去の問題点

2016年、マイクロソフトのAIボット「Tay」が、一部のユーザーによって人種や性別を差別するような言葉を教えられるようになり、停止させられたことがありました。

これは、AIについて、人々がどのように話し、オンラインで交流するかを理解し、ユーザーが不適切な行動を教えることがいかに容易であるかという、深刻な問題を浮き彫りにしました。

この事件は、機械がオンラインで人間と対話することの潜在的な意味について、また、機械が使用するレトリックをどのように確実に監視し制御するかについて、疑問を投げかけました。

2010年には、Meta Platforms社が、入力に関係なく学習データとほぼ同じ結果を生成できるモデルを開発した際にも、同様の問題が発生しました。

これにより、チャットボットは一度も教示されることなく、ヘイトスピーチや誤った情報を発信してしまったのです。

これらの出来事は、技術をリリースする前に、その技術を理解し、社会に影響を与えることが重要であることを示しています。

OpenAIの対応

2016年、OpenAIはチャットGPT(Generative Pre-trained Transformer)に不適切なリクエストを拒否するようトレーニングすることで、ヘイトスピーチや誤った情報の発信を抑制しようと試みました。

また、OpenAIのアルトマンCEOは、不快な回答や不適切な回答に対して「親指を立てるサイン」を表示するようユーザーに求め、システムの改善を図りました。

しかし、一部のユーザーはこれを回避する方法を見つけることに成功し、AIシステムを構築する際に考慮すべきリスクが残っていることを示しました。

未来への問いかけ

今後の課題としては、倫理的な問題が多く残されています。

例えば、AIシステムに倫理的価値観を教えるべきか。また、その場合、どのように教えるべきなのか?また、AIシステムが倫理的な境界線を超えないようにするために、どのような対策を講じればよいのでしょうか。

これらは議論されるべき重要なテーマであり、その意味をより大きなスケールで検討する必要があります。

まとめ

チャットGPTは、非常に便利なツールになる可能性を秘めています。

大量のテキストを素早く正確に生成する能力があり、創造的で魅力的なプログラムを作成することができます。

しかし、いくつかの欠点もあり、違法な目的で使用される可能性もあります。

結局のところ、チャット GPT を使用する際には、そのプラス面とマイナス面の両方を認識することが重要です。

こちらも読んでね