当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

アレルギー性皮膚炎にドテラのエッセンシャルオイルの使い方

アレルギー性皮膚炎という言葉を聞いたことがありますか?

アレルギー反応で皮膚が赤く腫れてりめっちゃ痒くなるやつ

食べ物やダニハウスダストなどの刺激によって、皮膚が赤く腫れてしまう症状です。

このアレルギー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能の低下やストレスなどの要因によっても悪化します。

今回は、ドテラのエッセンシャルオイルを使ったスキンケアをご紹介します。

ドテラは100%植物由来のエッセンシャルオイルで植物の力で免疫力を促進し、アレルギー性皮膚炎の症状緩和が期待できます。

オススメのオイル
  • ラベンダー
  • ティーツリー
  • ペパーミント
  • ゼラニウム
  • ローマンカモミール
  • ミルラ

今回は使い方や注意点を詳しくご紹介します。アレルギー性皮膚炎のケアに、ぜひドテラのエッセンシャルオイルを使ってみてください。

この記事はエッセンシャルオイル家庭医学事典を参考にしています。

アレルギー性皮膚炎の原因と症状

アレルギー性皮膚炎は、アレルギー反応によって引き起こされる皮膚の炎症の一種です。

アレルギー性皮膚炎の一般的な原因としては、ある種の食物や、花粉、ふけ、ダニ、カビの胞子などの環境刺激物質への暴露が挙げられます。

アレルギー性皮膚炎の症状には、発赤、かゆみ、発疹、じんましん、水疱などがあります。その他の一般的な症状としては、発熱、疲労、腺の腫れなどがある。

アレルギー性皮膚炎を放置し掻きむしったりし過ぎると深刻な皮膚障害を引き起こす可能性がある。

ドテラのエッセンシャルオイルの効果的な使い方

ドテラのエッセンシャルオイルは、アレルギー性皮膚炎の効果的で自然が期待できます。

これらの100%植物由来のオイルには、免疫系が認識する分子である植物の抗原が含まれています。

これが体内で反応を引き起こし、炎症を抑え、肌を落ち着かせます。

塗布

局部に塗布

エッセンシャルオイルは植物の有機化合物を凝縮したオイルなので刺激はあります。 原液を塗布する時は、少しで試すか、キャリアオイル(ココナッツオイル)で2倍以上に希釈して下さい。

マッサージ

キャリアオイル(ココナッツオイル)を使ったアロマテラピー

キャリアオイルは字のごとく、運ぶオイルです。広範囲にエッセンシャルオイルを広げて優しくマッサージします。

キャリアオイルは、エッセンシャルオイルの気化を遅らせたり、希釈したりアロマテラピーで使います。

ドテラはキャリアオイルにココナッツオイルを推奨しています。理由は酸化が他のキャリアオイルに比べて遅いからです。 酸化したオイルは体に良くはありません。

ディフューザー

室内に拡散

ディフューザーにお好みのオイルを合計6滴入れてディフューズします。安眠やリラックス、空間除菌に30分以上を目安にディフューズして下さい。

オススメは

●グレープフルーツ&ペパーミント
●ラベンダー&ペパーミント

アロマバス

バスタブにお好きなオイルを合計4滴垂らす

複数のエッセンシャルオイルを混ぜてもOKです。 

温まる事で毛穴が開くから吸収力がUPします。

柑橘系やスパイス系のオイルは刺激が強く出るので敏感肌の人は少量から調整して下さい。

アレルギー性皮膚炎にドテラ エッセンシャルオイルの紹介

ドテラには、ラベンダー、ティーツリー、ゼラニウム、ユーカリプタスなど、アレルギー性皮膚炎の症状を軽減する効果が実証されているエッセンシャルオイルがあります。

これら4つのオイルはすべて植物の生きるを凝縮した芳香化合物の抗炎症作用(1.8シネオール・テルピン-4-オール・シトロネロール)の1ボトル中の割合が多く、アレルギー性皮膚炎に伴う赤み、かゆみ、腫れを抑えることができます。

ラベンダーには、鎮静、リラックス、安眠効果がありストレスを軽減しながら心身を落ち着かせることでも知られており、アレルギー性皮膚炎の症状全般を改善するのに役立つ。

アレルギー性皮膚炎にドテラのエッセンシャルオイルの使い方

ここでは、使い方を詳しく説明します。気になる事があったら、エッセンシャルオイル家庭医学事典を見るか、ドテラの紹介者さんに聞いてみてもいいですね。

お子様に使用する場合は、エッセンシャルオイルの量を半分から試してみてください。

リラックスしながら痒みのケア

使用するオイル:ティーツリー・ラベンダーペパーミント・ゼラニウム

【塗布】
遮光瓶にキャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖とティーツリーとラベンダー各1滴を混ぜて患部に塗布します。擦らずに優しくやって下さい。

【スプレーを作る】
アルコール対応のスプレーボトルに精製水30㎖とペパーミント2滴とゼラニウム4滴を混ぜて患部にスプレーします。

【ディフューズ】痒くて眠れない時
ペパーミント・メリッサ・パチョリのどれか1種をディフューザーに6滴入れて睡眠の30分前からディフューズして下さい。

敏感肌の人

使用するオイル:ラベンダー・ローマンカモミール・ミルラ・ペパーミント

①まず先にココナッツオイルを患部に塗布します。

②ラベンダーから2滴・ローマンカモミール1滴・ミルラ1滴・ペパーミント1滴の順番で優しく塗ります。

アロマバス

使用するオイル:ティーツリー・ローマンカモミール・レモン

お風呂の温度を38℃~39℃にしてティーツリーとローマンカモミールを1滴ずつ入れてよく混ぜます。

お風呂上りにコップ1杯の天然水にレモンオイルを1滴垂らして水分補給して下さい。
PHOSSIL ミネラル オリジナル を入れるとより良いです。

体が温まる事で毛穴が開きます。開いた毛穴からエッセンシャルオイルを効果的に吸収できてエッセンシャルオイルを使う量も少なく出来るのがアロマバスのメリットです。

長時間の入浴は水分不足になるから水分補給を必ずして下さい。

就寝前のケア

先にキャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖(500円玉サイズ)と、ティーツリーとローマンカモミールを1滴づつを手の平に垂らして混ぜて痒みや腫れてる部分に塗布します。

ドテラのエッセンシャルオイル使用上の注意

ドテラのエッセンシャルオイルは、指示通りに使用すれば安全ですが、一定の注意事項を守ることが大切です。

最初に必ずパッチテストを行い、オイルを皮膚の患部に少量塗布し様子を見ましょう。
また、エッセンシャルを使用する場合は、成分表が見れないエッセンシャルオイルは、何が入ってるのか謎なので、塗布も吸引も止めた方が良いでしょう。

エッセンシャルオイルの過信しないで症状が酷い時は、医者に行って下さい。刺激や接触性皮膚炎の症状が現れた場合は、使用を中止し、かかりつけの医師にご相談ください。

エッセンシャルオイルは高濃度ですので、摂取しないでください。

オイルの瓶は小さいのでお子様の誤飲に注意して下さい。

チャイルドロックの蓋ですが、お子様の手の届かない所に保管して下さい。

ドテラのエッセンシャルオイルは自然由来で成分表を誰でもみれます。
ボトルの底に書いてある『品質ID』をドテラのホームページのSauce to youから簡単にダウンロード出来ます。

エッセンシャルオイルの紹介

紹介したオイルの説明をします。

ティーツリー

ティーツリーは、蒸れやすい足の裏やワキなどに直接塗布したり、スプレーにして使用することができます。また、洗顔料やボディソープに数滴加えることで汗や皮脂のベタつきをスッキリと解消します。ただし、敏感肌や刺激に敏感な方は、ココナッツオイルなどで希釈して使用することをおすすめします。ティーツリーオイルは、オーストラリアの日照りが多い地域で育ち、細長い葉が特徴的です。オーストラリアのアボリジニの間では、ティーツリーの葉は古くからケガや皮膚の治療に使用されてきたと言われています。ドテラのティーツリーは飲むことはできませんが、うがいに使用することはおすすめです。

芳香成分:テルピネン-4-オール、γ-テルピネン、α-テルピネンは、抗菌作用・免疫調整作用・抗炎症作用・鎮痛作用・鎮静作用があると言われています。

引用元:アロマオイル機能ガイド

ラベンダー

ドテラのラベンダーエッセンシャルオイルは、花から抽出され、主成分にはリナロールや酢酸リナリルが含まれています。この抽出には水蒸気蒸留法が使用されています。

ラベンダーは、アロマセラピーで定番のエッセンシャルオイルとして知られており、リラックス効果や安眠効果が特に有名です。しかし、それだけでなく、万能オイルとしても知られており、さまざまな効果が期待できます。例えば、最近では、脳の海馬を刺激してリラックスさせ、認知症の予防や改善にも効果があるとされています。

ドテラのラベンダーエッセンシャルオイルは、アロマテラピーだけでなく、メディカルアロマにおいても注目されており、その威力と効果は本当にすごいものです。実際に部屋やトイレの芳香剤などでも使われるほど、多くの人々に親しまれていますが、その本来の効能や使い方について知らない方も多いかもしれません。

ペパーミント

ドテラのペパーミントオイルは、その高品質を示すために多くのメントールを含んでいます。このオイルは、歯磨き粉などの香料として使われ、清涼感のある香りで気分をスッキリとさせてくれます。また、クールダウンやリフレッシュにも使用されることがあり、ドテラで最も人気の高い製品のひとつです。

ドテラのペパーミントは、胃の働きを活発にする効果や腸内ガスの排出を促進する効果があります。さらに、鎮痛作用もあり、筋肉痛や神経痛、頭痛を和らげる効果が期待できます。また、ペパーミントの冷却作用や抗菌作用を活かして、かゆみや炎症をケアすることもできます。虫さされのかゆみにも効果的です。

ドテラのペパーミントを使う方法としては、芳香として香りを楽しんだり、肌に塗布する方法があります。さらに、ミントのひんやり爽快スプレーを手作りしてみたり、他のペパーミントの楽しみ方もあります。

ゼラニウム

健康的でツヤのある肌と髪に導く力があります。このオイルは甘くフローラルな香りを放ち、美しさを磨き上げる作用があります。ゼラニウムは、ペラルゴニウム(テンジクアオイ)属の仲間であり、多くの種類が存在します。その花は美しく、香水産業では人気の原料として使用されています。

ローマンカモミール

甘くフローラルな香りを持ち、肌や心、そして身体全体を落ち着かせる効果があります。その香りは、リンゴのような特徴的なニュアンスを持っています。

ローマンカモミールは古代から利用されており、古代ローマでは戦士の士気を鼓舞するためにオイルが使用されていたそうです。その名前はギリシャ語の「地面のりんご」に由来し、その甘くてフルーティーな香りが特徴です。この香りにはイライラ解消やリラックス効果があり、不眠を緩和するのにも役立ちます。

さらに、ローマンカモミールは抗感染や消炎作用があり、ニキビやおできなどの皮膚トラブルや疾患にも効果的です。また、アレルギーやあざ、切り傷、筋肉緊張、神経の問題、下肢静止不能症候群、皮膚炎、湿疹、発疹、敏感肌などにも適しています。

ミルラ

が低く棘のあるミルラの木から採取される粘着性の樹脂から抽出され、長い歴史を通じて香水や薫香、そして心身の健康サポートのために広く使用されてきました。さらに、古代ではミイラづくりや宗教的な儀式にも利用されていたそうです。

ミルラのパワフルな作用は、私たちの日常生活においても役立つことでしょう。ディフューザーを使って空間に拡散させると、意識や気分を高める効果があります。また、ローションやモイスチャライザーに加えることで、肌を滑らかに整える効果も期待できます。お好みの箇所に優しくなじませることで、感情のバランスを整えて健やかな状態をサポートしてくれます。

ドテラは、単に高品質なエッセンシャルオイルを提供するだけでなく、その製造に関わる農家や収穫者、蒸留者の生活にも前向きな影響を与える取り組みを大切にしています。多くのエッセンシャルオイルは、専売契約を結んだ生産者や蒸留者によって作られており、ドテラは一貫して品質の高さを保っています。この取り組みをコ・インパクトソーシングと言います。

まとめ

アレルギー性皮膚炎はとても不快で、適切なケアをしないと深刻な皮膚障害につながることもあります。

アレルギー性皮膚炎を治療する方法はありませんが、ドテラのエッセンシャルオイルを使用することは、炎症を抑え、かゆみや赤みを和らげる安全で効果的な方法です。

エッセンシャルオイルの使用については常に注意し、不安な場合は必ずかかりつけの医師にご相談ください。

Tag一覧

読んでね

POSTED COMMENT

  1. […] 腰痛・筋肉痛・関節痛・膀胱炎・リウマチ・高血圧・湿疹・むくみ・肩こり・打撲・坐骨神経痛・捻挫・五十肩・ぎっくり腰・骨粗鬆症・ストレス・ニキビ・吹き出物・風邪・痛風・インフルエンザ・鼻づまり・消化不良・胆石・尿路菅障害・肥満・虫歯・皮膚病・頭痛・冷え性・花粉症・メタボ・食不振・リフレッシュ・リラックス […]

  2. […] 気管支炎・風邪・便秘・下痢・消化不良・食欲不振・頭痛・偏頭痛・肩こり・マタニティケア・心配・緊張・むくみ・皮膚炎・セルライト・シワ・フケ・抗がん・防腐・鎮静・消化器系・免疫系・感情のバランス・熱・インフルエンザ・高コレステロール・筋肉痛・肥満・月経痛・冷え性・鬱・不眠・更年期障害・疲労・ダイエット・脂性肌 […]

コメントを残す