当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

ドテラのラベンダーの使い方


ラベンダーは、その香りと効能で多くの人に愛されている、最も人気のあるエッセンシャルオイルのひとつです。

ラベンダーはトイレの芳香剤のイメージが強くて、好きじゃやない人も多いのではないでしょうか?

ドテラのラベンダーは、新鮮なラベンダーの香りがします。

初めて嗅いだ人は、ラベンダーのイメージが変わったと言う人いるので、ぜひ嗅いで欲しいです。

doTERRAは、リラックスや睡眠、お肌の健康増進に役立つ植物由来のラベンダーがあります。

ラベンダーは万能ハーブと言って、昔から色々な治療に使われてきた歴史があるから、色々な研究もされて効果も色々とあります。

この記事で分かる事

  • 含まれる芳香成分
  • 成分分析表
  • 有用性
  • 使い方
  • 対応する症状

この記事の情報ソース:書籍『ナチュラルハーモニー&サイエンス』
この書籍の販売HP:https://www.nhs-pub.jp/

ドテラのラベンダーの紹介

ラベンダーは、そのさまざまな効果により、何世紀にもわたって愛されてきた万能ハーブです。

ラベンダーの名前は、ラテン語で「洗う」を意味するLavandula angustifoliaに由来する。

主な効能

不眠・目の疲れ・やけど・日焼け・スキンケア・ヘアケア・抵抗力向上・ニキビ・アレルギー・フケ・オムツかぶれ・脱毛・消化不良・更年期障害・不安・関節炎・喘息・気管支炎・ヘルペス・花粉症・頭痛・虫刺され・偏頭痛・リウマチ・皮膚疾患・捻挫・ストレス・日射病・咳・傷・不眠・血圧低下・アザ・吹き出物・じんましん・便秘・肩こり・風邪・月経痛・冷え性・くま・クスミ・シミ・シワ・乾燥肌・メタボ・水虫・体臭・乗り物酔い・喉の痛み・ダイエット・敏感肌

すごーい!ホント万能ハーブって感じ

ドテラのラベンダーは花から水蒸気蒸留で抽出されています。

水蒸気蒸留ってなんだー??って人はドテラのYouTubeで見てみて!
ドテラの雰囲気も分かるから見てみてね♥

Behind the Bottle:ラベンダーの調達(ブルガリア)

ドテラのラベンダーの芳香成分

芳香成分とは?

エッセンシャルオイル(精油)の芳香成分とは、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出された揮発性の液体です。

芳香成分は

植物の生きるが凝縮された、効能がある物質が芳香成分です。

ドテラのラベンダーは芳香成分を60種類含んでいます。

ドテラのラベンダー

リナロールが34%と酢酸リナリルが29%とこの2種類で約60%を占めてます。

リナロールと酢酸リナリルで、これらは皮膚や体をリラックスさせる作用があります。

ラベンダーの成分分析表
クリックで大きく見れます。

成分分析表の調べ方

自分の買ったボトルに記載されてる『品質ID』をドテラの公式サイトから
Sauce to you』に入力すると成分表がダウンロードできます。

気になる人は『220147B』と入力して下さい。

ドテラのラベンダーの成分表の調べ方

ドテラのラベンダーの60種類の芳香成分

ドテラは数少ない成分分析表を公開しています。
しかも、ロットごとだから最新のオイルの成分分析表が見れます。

ちなみに、無印良品は成分分析表を公開してません。

ドテラのラベンダー芳香成分60種類

  1. 酢酸ブチル
  2. 1-メトキシヘキサン
  3. n-ヘキサノール
  4. トライシクル
  5. α-ツジェネ
  6. α-ピネン
  7. カンフェネ
  8. サビーヌ
  9. ベータピネン
  10. 1-オクテン-3-オール
  11. 3-オクタノン
  12. ミルセン
  13. ブタン酸ブチル
  14. 3-オクタノール
  15. α-フェランドレン
  16. デルタ-3-カレン
  17. 酢酸ヘキシル
  18. α-テルピネン
  19. メタ-シメン
  20. パラ-シメン
  21. リモネン
  22. β-フェランドレン
  23. 1,8-シネオール
  24. シス-ベータ-オーメネ
  25. トランスベータオシメン
  26. ガンマテルピン
  27. cis-リナロールオキシド(フラノイド)
  28. テルピノレン
  29. トランスリナロールオキシド(フラノイド)
  30. リナロール
  31. 酢酸1-オクテン-3-イル
  32. 酢酸3-オクタノール
  33. アロオシメン
  34. カンファー
  35. ラバンデュロール
  36. ボミール
  37. テルピネン-4-オール
  38. ブタン酸ヘキシル
  39. α-テルピネオール
  40. ネロル
  41. ギ酸ボルニル
  42. 2-メチルブタン酸ヘキシル
  43. クミンアルデヒド
  44. 酢酸リナリル
  45. ネオイソプレギルアセテート
  46. 酢酸ラバンズリル
  47. チグリ酸ヘキシル
  48. 酢酸ネリル
  49. 酢酸ゲラニル
  50. ヘキサン酸ヘキシル
  51. 7-エピ-セスキ
  52. セスキトゥジェネ
  53. シス-α-ベルガモタン
  54. β-カリオフィレン
  55. トランスアルファ-ベルガモテン
  56. トランス-β-ファメセン
  57. ジャーマクレン D
  58. ガンマ-カジネン
  59. カリオフィレンオキシド
  60. エピ-α-カジノール

成分がハッキリしてるって
安心できる♥

ドテラは純粋にこだわっています。

エッセンシャルオイルは
純粋じゃないと
エッセンシャルオイルとは言えません

「純粋な」言って市販されているエッセンシャルオイルの 80% には何らかの形で異物が混入されていると推定しています。

APRCより

Pursue What’s Pure-「純粋」を追い求めて↓↓

ドテラのラベンダーの芳香成分の特徴

ラベンダーエッセンシャルオイルの香りの主成分は、リナロールと酢酸リナリルです。

リナロールは甘くフローラルな香りを持つテルペンアルコールで、酢酸リナリルは甘くフローラルでウッディな香りを持つエステルです。

リナロールと酢酸リナリルが合わさることで、ラベンダーの独特な香りが生まれます。

ラベンダーの有用性

先ずは、ドテラの公式YouTubeを見て下さい。

なぜドテラのエッセンシャルオイルなのか?

ラベンダーのリラックス成分は、何世紀にもわたり、医療、香水、料理などさまざまな分野で利用されてきました。

ラベンダーのオイルには鎮静作用があり、ストレスや不眠症、頭痛、筋肉痛を和らげる効果があります。

また、皮膚の炎症や傷、虫刺されの治療にも使われる。

ナチュラルハーモニーに書かれてるラベンダーが対応する症状

エッセンシャルオイル家庭医学事典という本には、ラベンダーのエッセンシャルオイルに対応するいくつかの症状が記載されています。

ニキビ・アレルギー・痙攣(足)・フケ・オムツかぶれ・脱毛・消化不良・更年期障害・不安・関節炎・喘息・気管支炎・単純ヘルペス・花粉症・頭痛・ヒステリー・虫刺され・偏頭痛・思考の低下・リュウマチ・皮膚疾患・捻挫・ストレス・日射病・咽頭感染・咳・傷・不眠・血圧低下・アザ・吹き出物・じんましん・日焼け(唇の可)・神経緊張・便秘・肩こり・風邪・月経痛・冷え性・くま・クスミ・乾燥肌・メタボ・水虫・体臭・乗り物酔い・喉の痛み・ダイエット・敏感肌・脂性肌・普通肌・リラックス

引用元:エッセンシャルオイル家庭の医学

かなりの対応する症状が書いてあります。 昔からラベンダーは万能ハーブと言われる理由が分かる気がします。

先ほどの『APRC』のドテラのラベンダーエッセンシャルオイルの成分分析の内容に、
リナロールと酢酸リナリルの2種で含有量の約60%を占めています。

リナロールと酢酸リナリルの効能にスポットを当てて効能を考え自分に合った使い方を
楽しみながら使って行きましょう。

ラベンダーの使い方

ドテラのエッセンシャルオイルは純粋だから使い方はシンプルだよ!

【ディフューザー】
で空気中の散布する。睡眠前にオススメ

【塗布】
体の気になる所やツボに塗布。薄めずに使用OK。足裏もオススメです。

【アロマバス】
バスタブに1,2滴垂らすと温まって開いた毛穴や蒸気からで効果。

まとめ

リラックスしてくつろぎたい方には、ドテラのラベンダー製品がおすすめです。

リナロールと酢酸リナリルのユニークな組成で、体を落ち着かせ鎮静効果をもたらし、様々な症状を改善します。

ストレスを軽減したいときにも、肌に栄養を与えたいときにも、doTERRAのラベンダー製品は有益です。

Tag一覧