当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

ドテラの社会貢献。コ・インパクトソーシングとは?


ドテラは、製品や事業だけでなく、社会貢献への取り組みでも知られていますその代表的なものが「Co-Impact Sourcing(コ・インパクト・ソーシング)」です。

これは、発展途上国の生産者や収穫者に安定した収入を提供し、彼らの生活水準の向上に貢献することを目的とした取り組みです。

本稿では、Co-Impact Sourcingの主な目的について説明します。また、ドテラがこの取り組みを通じて実現したい未来像もご紹介します。

この記事の情報ソース:https://www.doterra.com/JP/ja_JP/difference-co-impact-sourcing

発展途上国の生産者や労働者が搾取されてる現状

発展途上国の生産者や労働者が搾取されている現状については、現代の消費社会における大企業と小規模な生産者の間に大きな格差があることが原因として挙げられます。

途上国の生産者は、価格競争力が低く、技術的な支援が少ないため、大手企業の下請けとして活動することが多く、採算が取れないままに低賃金で働かされていることが多いです。

また、大手企業ほコスト削減等で競争力の手段を持てない生産者や労働者を低賃金で長時間労働させて技術的な支援を行わず生産者たちがずっと貧困に苦しみ、彼らの社会と文化の発展を妨げることに繋がっています。

1番の問題点は、企業はコストを掛けたくないから技術支援もしないで安い賃金で働かせる事でいつになっても貧困のままで技術向上が出来ない事が問題です

社会貢献を目指す「Co-Impact Sourcing」。


Co-Impact Sourcingは、エッセンシャルオイルの会社であるドテラが、発展途上国の生産者とパートナーシップを結び、製品の品質向上とともに生産者を支援し、持続可能性を追求するために始めたプログラムです。

この取り組みでは、生産者や収穫者に生活賃金を提供し、彼らの生計を向上させる力をつけることを目指しています。

また、貧困を減らし、支援先の国々で持続可能な経済機会を創出することにも取り組んでいます。

途上国の生産者の生活水準を向上させたい

ドテラの「コー・インパクト・ソーシング」は、発展途上国の生産者と提携することで、生産者に確実な収入源を提供することを目指します。

これにより、生産者の生活水準を向上させ、教育や医療など、家族のために必要な資金を確保することができます。

また、ドテラは、生産者の賃金が公正、安全、尊厳のある労働基準を満たしていることを確認するための「雇用確認システム」を設けています。

このシステムにより、ドテラは労働条件を監視し、生産者が質の高い医療や教育の機会を得られるようにします。

弱者を搾取しないドテラ

ドテラは長期的なパートナーシップを築き、生産者たちが共同組合を形成できるように手助けし、技術と能力を向上させながら、共通の利益と交渉力を共有できるようにしています。

さらに、ドテラのヒーリングハンズ基金は、慈善活動を通じて生産地域の社会の発展を支援しており、施設の建設、医療施設への資金援助、水道や灌漑設備の設置、学校の建設、職業訓練プログラムの提供などが行われています。

ドテラは、商品の生産と販売において、社会的責任を果たすことで、世界中のコミュニティの暮らしを改善することを目指しています。

コミュニティへの参画と地域開発への取り組み

このイニシアティブは、ドテラの製品が倫理的・生態学的に責任ある方法で生産されるようにするための取り組みでもあります。

そのため、ドテラは持続可能な農法、オーガニックやナチュラルな生産方法、化学薬品を使わない加工の採用を推奨しています。

これにより、ドテラが製品を調達する農場での汚染や環境破壊を減らすことができます。

ドテラが生産者に技術提供してドテラが納得できる基準のエッセンシャルオイルの原料を安定して調達できる事にも役立っています。

さらに、ドテラは経済開発と職業訓練プログラムの提供に尽力しています。

これらのプログラムは、製品を調達する地域社会で経済的機会を創出するのに役立ちます。これにより、ドテラのパートナーはさらなる収入源を得ることができ、地元の労働力がコミュニティの発展に貢献できるようになります。

ドテラの未来像とそれを実現するための取り組み

ドテラは、「Co-Impact Sourcing」を通じて、公平で持続可能なグローバルサプライチェーンの構築に取り組んでいます。

この取り組みは、生産者、収穫者、農民、労働者を保護し、安全で尊厳のある労働条件を提供する倫理的な取引システムの構築を目指すものです。

さらに、ドテラは発展途上国の発展に投資することで、途上国の支援に取り組んでいます。

教育、健康、住宅などの社会プログラムへの支援や、資金援助、人道支援などです。

ドテラは、これらのプログラムを通じて、生産者が経済的な可能性を最大限に発揮できるようにしたいと考えています。

まとめ

ドテラのコー・インパクト・ソーシング・イニシアチブは、企業がいかにして世界に貢献できるかを示す代表的な例です。

このプログラムを通じて、ドテラは倫理的で公平なグローバルサプライチェーンの構築に取り組むと同時に、発展途上国の生産者に安定した収入源を提供しています。

さらに、ドテラは発展途上国の未来に投資し、重要な社会プログラムや経済開発イニシアティブをサポートしています。

Tag一覧

読んでね

POSTED COMMENT

  1. […] ドテラは、単に高品質なエッセンシャルオイルを提供するだけでなく、その製造に関わる農家や収穫者、蒸留者の生活にも前向きな影響を与える取り組みを大切にしています。多くのエッセンシャルオイルは、専売契約を結んだ生産者や蒸留者によって作られており、ドテラは一貫して品質の高さを保っています。この取り組みをコ・インパクトソーシングと言います。 […]

  2. […] コ・インパクトソーシングと言って、あえて発展途上の農家さんと独占契約して、生産者さんの雇用と賃金の安定させながら安心できる植物の栽培をしてエッセンシャルオイルを高品質に保っています。 […]

コメントを残す