当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

不眠にドテラのエッセンシャルオイルの使い方

体は疲れてるのに寝付けない。睡眠が浅く何度も起きてしまう。この様な症状が続くと不眠症になってしまいます。

睡眠が浅かったり、何度も起きてりだと疲れがとれず体は怠くなって集中力や思考力が低下して注意力が散漫にになってしまうと仕事や生活に支障が出てしまいます。

睡眠薬はどうしても依存度が高く、生活に支障が出る人もいます。なので、安心なエッセンシャルオイルで睡眠の質を改善してみましょう!

眠剤は依存度がヤバィいんよ。。

この記事では、不眠の原因からドテラのエッセンシャルオイルの使い方を紹介します。

この記事は、『エッセンシャルオイル家庭医学事典』を参考にしています。

いろいろな種類のエッセンシャルオイルが登場しますが、分からなかったり、めんどくさいと感じたら『ドテラのラベンダー』1本でOK。

ドテラのラベンダーの蓋をあけてゆっくり吸入して下さい。

この記事は『エッセンシャルオイル家庭医学事典』を参考にしています。

不眠症の症状と原因

不眠症の症状には、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒などがあります。

  1. 入眠障害は寝つきが悪く、眠りに入るまで時間がかかる状態を指します。
  2. 中途覚醒は睡眠が浅く、途中で何度も目が覚めてしまう状態です。
  3. 早朝覚醒は早朝に目が覚めてしまい、再び眠ることができない状態を指します。

不眠症の原因はさまざまであり、身体的原因、生理的原因、心理的原因、精神医学的原因、薬理学的原因などがあります。

  1. 身体的原因は、痛みやかゆみ、頻尿などの症状が不眠を引き起こすことがあります。
  2. 生理的な原因は、睡眠と覚醒のバランスが乱れることが挙げられます。
  3. 心理的な原因は、ストレスや心の不安が不眠を引き起こすことがあります。
  4. 精神医学的な原因は、精神疾患が不眠を引き起こすことがあります。
  5. 薬理学的な原因は、薬剤の副作用が不眠を引き起こすことがあります。

不眠症は、一般成人の30〜40%が何らかの不眠症状を有しており、女性に多く見られます。また、加齢とともに不眠症状は増加し、60歳以上では半数以上の方が不眠症状を抱えています。さらに、大きな災害があった後には一過性に不眠症状が増加することもあります。

不眠症の対処法は、不眠の原因によって異なります。

身体的な原因がある場合は、病気や症状を治療することで不眠症状が改善されることがあります。

心理的な原因がある場合は、リラクゼーション法やストレス管理などが有効です。

不眠にエッセンシャルオイルの有用性

ドテラのエッセンシャルオイルは、自然な成分から作られており、安全性が高いと言われています。そのため、不眠症の方々にとって、エッセンシャルオイルは副作用の心配をすることなく利用することができます。

ディフューザーを使用するか、お風呂に数滴垂らしてアロマバスなど、自分に合った方法で利用しましょう。また、就寝前に使用することで、リラックス効果を最大限に引き出すことができます。

植物から抽出されたエッセンシャルオイルは安全性が高く、副作用の心配もありません。

様々な種類のオイルがありますので、自分に合ったものを見つけて試してみることをおすすめします。

良質な睡眠を得ることで、日常生活の質を向上させることができるかもしれません。

不眠にオススメのドテラのエッセンシャルオイル10選

不眠の解消に自律神経を整える作用や鎮静作用のあるエッセンシャルオイルを紹介します。

ラベンダー

ドテラのエッセンシャルオイルの中でも特におすすめなのは、ラベンダーです。

ラベンダーは、リラックス効果があり、ストレスを軽減することができます。

その香りは心地よく、眠りを誘う効果も期待できます。また、ラベンダは不安や緊張を和らげる効果もありますので、寝つきが悪い方にもおすすめです。

オレンジ

オレンジには、リラックス効果があり、心身を安定させることができます。

オレンジの香りは、甘く爽やかで、穏やかな気分をもたらします。就寝前にディフューザーやアロマバスでオレンジの香りを楽しむことで、緊張を解きほぐし、心地よい眠りへと導くことができます。

ローマンカモミール

ローマンカモミールは、心をリラックスさせる効果があり、安眠を促すことが知られています。

また、カモミールに含まれる成分には鎮静作用があり、不安感や緊張を緩和することができます。これにより、睡眠の質を向上させ、不眠症の改善に役立ちます。

ローマンカモミールの香りは、リンゴのような甘さがあります。この香りは心を癒し、リラックスさせる効果があります。心身の疲れやストレスを軽減し、心地よい眠りへと導いてくれます。

ローマンカモミールは、不眠症だけでなく、頭痛や腹痛、歯痛などの痛みにも効果があります。また、アレルギー性のトラブルや肌トラブルにも効果的です。カモミールには抗菌作用もあるため、化膿せずに治癒を促すことができます。

サイプレス(杉)

サイプレスには、睡眠の質を改善することができます。

サイプレスは抗不安作用や鎮静作用があり、心を落ち着かせる効果があります。

また、サイプレスには鎮咳作用や止血作用もあり、睡眠中の咳や不快な症状を軽減することができます。さらに、サイプレスは女性ホルモンの調整作用もあるため、女性のホルモンバランスの乱れによる不眠症にも効果的です。

イランイラン

イランイランは、神経系を強壮させる効果があり、鎮静作用も持っています。

そのため、不眠や自律神経失調症、神経疲労、パニック障害などに良いとされています

イランイランの香りは心拍をスローダウンさせる作用があり、リラックス効果もあります。気持ちをゆったりとさせたい時や緊張した筋肉や痙攣を抑える効果も期待できます。

また、イランイランはホルモンバランスを調整する効果もあります。そのため、PMSや更年期障害、月経痛などにも効果的です。

さらに、頭皮の強壮にも良く、ストレスによる抜け毛予防にも役立ちます。イランイランは肌にも良い影響を与えます。ホルモンバランスを整えつつ、肌にハリやツヤを与え、皮脂分泌も調整してくれます。

レモン

レモン精油は、心への作用があります。

その香りは爽やかでリフレッシュ効果があり、気分を明るくしてくれます。不眠症の原因の一つにストレスや不安がありますが、レモンの香りはリラックス効果もありますので、心を落ち着かせる効果が期待できます。

ローズマリー

ローズマリーは、フレッシュでクリアなハーブの香りが特徴です。その香りには精神を高揚させる効果があり、気分をリフレッシュさせる作用があります。また、集中力を高める効果もあり、仕事の合間や勉強のサポートにも役立ちます。

ローズマリーの香りは、緊張をほぐし、心地よい眠りへと導いてくれます。

また、ローズマリーには抗不安効果もあります。不眠症にはストレスや不安が関与していることが多いため、ローズマリーの香りは心を落ち着かせ、リラックスさせる効果が期待できます。

サンダルウッド

サンダルウッドの香りは不安や緊張、イライラなどで感情のバランスが乱れているときにも効果的です。

ストレスや心の疲れからくる不眠症も改善されることがあります。サンダルウッドの香りは心を落ち着かせ、リラックスさせる作用があります。そのため、日常的に使用することでストレスや不安を軽減し、心のバランスを取ることができます。

さらに、サンダルウッドの香りは呼吸器系の不調なども整えてくれます。香りを嗅ぐことで呼吸が深くなり、リラックス効果が高まります。また、サンダルウッドは抗炎症作用もあり、呼吸器系の炎症を軽減してくれます。これにより、呼吸器系の不調を改善することができます。

さらに、サンダルウッドはお肌にも効果的です。季節や肌のタイプを問わず、お肌のケアに使用することができます。サンダルウッドの香りは保湿効果があり、乾燥肌や敏感肌をケアすることができます。また、やけどや日焼けによるダメージを癒してくれる効果もあります。

クラリセージ

クラリセージは、リラックス効果で、睡眠の質を改善するが期待できます。

また、女性ホルモンのバランスを整える作用もあり、生理不順や更年期の症状にも効果的です。ただし、クラリセージには月経を促す作用があるため、妊娠中の使用は避ける必要があります。

クラリセージの香りは、マスカットのような甘さを含んだスパイシーな香りです。この香りは、心地よくリラックスさせてくれます。そのため、不眠症の改善に効果的です。また、クラリセージは精神的な緊張を和らげる効果もありますので、ストレスや不安に悩んでいる人にもおすすめです。

ベルガモット

ベルガモットは柑橘系の香りで、リラックス効果があります。

ストレスや悩みが原因で眠れない場合、ベルガモットの香りを取り入れることで、心を落ち着かせることができます。

キャリアオイル(ココナッツオイル)

キャリアオイルは、強いエッセンシャルオイルを希釈したり、エッセンシャルオイルの揮発を遅めたり、わざと吸収を遅らせたりさせます。キャリアオイルには色々な種類がありますが、

ドテラはココナッツオイルを推奨しています。その理由は、酸化が遅いからです。

油が酸化するとヒドロキシノネナールや過酸化脂質という有害な物質が発生します。体内に蓄積されると、認知症の原因になるとも言われています。

以上がオススメのオイルでした。使い方の前に注意点を紹介します。

アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

エッセンシャルオイルは植物から抽出され、芳香化学成分が含まれています。一方のアロマオイルは人工的に作られた化学合成物質です。香りの癒し効果はありますが、芳香化学成分が入ってない為、癒される程度です。

芳香化学成分は科学的に効果が証明されている成分が多いです。

なぜエッセンシャルオイルを使うかは、脱ケミカルです。

エッセンシャルオイルは、植物が作った複数の芳香化学成分を濃縮したのがエッセンシャルオイルです。

不眠にドテラのエッセンシャルオイルの使い方

不眠の症状別に使うオイルと使い方を紹介します。 多くのオイルを使いますが、持ってるオイルで試してみて下さい。 個人差もあるので色々試してみて自分に合うエッセンシャルオイルを探してみて下さい。

心のバランスを保ち眠りを誘う

使用するオイル:ラベンダー・オレンジ・ローマンカモミール・サイプレス・イランイラン・サンリズム・マジョラム・レモン・ローズマリー・サンダルウッド・クラリセージ・ベルガモット・ジャスミン

【ディフューザー】
ディフューザーに上記のお好きなオイルを5~6滴入れて25分以上は室内に香りを広げて下さい。

朝までくっすり眠りたい時

使用するオイル:ラベンダー・ローマンカモミール・サイプレス・イランイラン・サンリズム・マジョラム・レモン・サンダルウッド・ローズマリー・クラリセージ

【塗布】
キャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖に上記のお好きなオイルを合計15滴混ぜて、足の裏と足の指先に1滴、おへその周りに2滴、首の後ろに3滴塗布します。

【アロマバス】

  1. 作ったブレンドオイルをぬるめのお風呂に3~5滴入れて就寝前に入浴します。
  2. 作ったブレンドオイル8滴とキャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖を混ぜて入浴後に、胸や首太ももなど自分がリラックスできる部分をマッサージします。

疲労やストレスを和らげる

使用するオイル:クラリセージ・ラベンダー・レモン

【マッサージ】
キャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖にクラリセージ3滴、レモン2滴、ラベンダー3滴を混ぜて、首や肩足をマッサージします。

【全身浴】
天然塩にクラリセージ、ラベンダー各1滴を入れてバスソルトを作り、湯船に入れてゆっくり浸かって下さい。

【塗布】
首や背中、足の裏にクラリセージまたは、ラベンダーを1~2滴塗布します。

【ディフューザー】
就寝の30分前に上記のお好きなオイルを5~6滴入れ寝室に香り広げてください。横になったらスマホは見ない様にして下さい。

【吸入】
上記のお好きなオイルの蓋を開けて、直接ゆっくり吸い込んで下さい。

月経前や更年期の不眠

使用するオイル:オレンジ3滴・ラベンダー2滴

【ディフューザー】
ディフューザーに上記のオイルを入れて就寝前に部屋を香らせて下さい。

枕やシーツなどを香らせてもOKよ

緊張で眠れないとき

自尊心が弱くなったり、緊張が続いてる人にオススメのブレンドオイルです。

使用するオイル:イランイラン2滴・ジャスミン2滴・ベチパー1滴・ラベンダー3滴

【マッサージ】
キャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖に上記のオイルをブレンドして、就寝前にゆっくりマッサージします。

よく眠れないお子さまに

年齢によってオイルが違うので注意して下さい。

  1. 1~5歳:ラベンダー・ローマンカモミール
  2. 5歳以上:ラベンダー・ローマンカモミール・オレンジ・グレープフルーツ

【スプレーで散布】
スプレーボトルに、無水アルコール(ウォッカなど)か、無香アルコール大さじ1杯(15㎖)にオススメのオイルから1つ選び3滴混ぜ入れます。 寝室に就寝前に散布してあげて下さい。

まとめ

睡眠の質が良ければ、昼間のパフォーマンスが断然に良くなります。

100%植物由来だからエッセンシャルオイルは安心して使えます。 睡眠導入剤は薬物はどうしても依存度が高く便りすぎたら生活が狂う事もかんがえられます。

色々なエッセンシャルオイルがあって分かりずらいと感じた人は、ドテラのラベンダーのボトルの蓋を開けてゆっくり吸入してみて下さい。そうすればきっと改善しますよ。

Tag一覧