当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

妊婦さんの胃腸炎の対処法・薬は飲む?

妊娠中の胃腸炎って、ちょっと不安よね。で

も大丈夫!この記事では、基礎からしっかりと妊娠中の胃腸炎について解説していくわ。

ウイルス性胃腸炎にはお薬はありません

水分を摂りながらウイルスが体の外に排出されるの待つしかないです。

知っておくべき原因から、自宅でできる対処法、さらには医師の診察が必要なタイミングまで、妊婦さんが安心して過ごせるように、一緒に見ていきましょう!

妊娠中の胃腸炎・基礎知識から対処法

妊娠中は体がデリケートになっているから、ちょっとしたことで胃腸炎になっちゃうこともあるの。

でも、心配しないで!

まずは、妊娠中の胃腸炎についての基礎知識からしっかりと抑えて、万が一の時に備えましょう。

妊娠中に胃腸炎にかかる原因

妊娠中に胃腸炎にかかる原因はいろいろあるけれど、大きく分けると食中毒やウイルス性胃腸炎が主な原因よ。

特に、妊娠中は免疫力が下がりがちで、普段なら問題ないはずの細菌やウイルスに感染しやすくなっているの。

さらに、妊娠による体の変化が胃腸に影響を及ぼすこともあるわ。例えば、胃酸の逆流を引き起こしやすくなることで、胃の不快感を感じることも。

でも、ここで大切なのは、正しい知識を持って適切な対処をすること。

軽い胃腸炎であれば、自宅での休息や適切な水分補給で改善することも多いのよ。

もちろん、症状がひどい場合や、妊娠中に特有のリスクを感じたら、迷わず医師の診察を受けることが大切。

このセクションでは、妊娠中の胃腸炎の基礎知識から、自宅でできる基本的な対処法、そして医師の診察が必要になるタイミングまで、わかりやすく解説していくわよ。

読み進めることで、もしもの時に慌てずに済むようになるから、ぜひチェックしてね!

妊婦が胃腸炎になったときの症状と対処法

ウイルス性胃腸炎にはお薬はありません

水分を摂りながらウイルスが体の外に排出されるの待つしかないです。

通常の人でも対処法は同じで、免疫が働きウィルスが体外に排出されるのを待つしかありません。 その時に嘔吐、下痢、発熱の症状はウイルスに抵抗してる体の反応だからです。

では、続いて妊娠中における胃腸炎治療と、妊娠中に安全な薬について詳しく見ていきましょう。

妊婦の胃腸炎の治療

妊娠中に胃腸炎になってしまった場合、最初に考えるのは「この治療、赤ちゃんに影響ないかしら?」ってことよね。

胃腸炎の治療法

胃腸炎にお薬ありません。通常の人でも同じ対応でウイルスが出るのを待つしかありません。

胃腸炎がお腹の赤ちゃんに影響する事はありません。

ただ、母体が弱まると妊娠継続に影響出る事もあります。

例えば、軽度の胃腸炎であれば、自宅でのケアで十分対処できることが多いわ。

服用をオススメしませんが服用が出来る薬

安全に使える薬としては『整腸剤・五苓散』などが、妊娠中でも使用が承認されているものがいくつかあるの。

服用する前に医師に相談して、医師の処方箋の元、服用して下さい。

特効薬でも妊婦さん専用でもないから、飲まない方良いと思います。

辛い時は、まずお医者さんに相談して下さい。

参考までに妊婦さんが服用しちゃダメな薬

例えば、一部の解熱鎮痛薬は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるから、医師の指示がない限りは使わないでね。

妊娠中飲まない方が良い薬
抗菌・抗ウイルス薬クラビット・ジェニナック・オゼックス・シプロキサン・ラスビック・アベロックス・グレースビット(ニューキノロン系抗菌薬)、ミノマイシン(テトラサイクリン系抗菌薬)、バクタ(ST合剤)、ラゲブリオ・ゾコーバ(コロナ治療薬)
痛み止めロキソニン・インダシン・ボルタレン(非ステロイド性抗炎症薬)、クリアミン(エルゴタミン、片頭痛薬)、ミグシス(片頭痛予防薬)
吐き気・便秘・胃薬ナウゼリン、アミティーザ、サイトテック
昇圧剤レニベース(ACE阻害薬)、ニューロタン・ディオバン・ブロプレス(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)、ラジレス(直接的レニン阻害薬)
高脂血症薬クレストール、リバロ、メバロチン、リピトール、リポバス、ローコール
その他すべての経口糖尿病薬(妊娠中は原則インスリン注射)、ワーファリン、デパケン、テオドール、リウマトレックス、イソジンガーグル(うがい)、生ワクチン(注射)(麻しん、風しん、MR、水痘、おたふくかぜなど)
「治療薬マニュアル2023(医学書院)」を参考にしています。

また、薬に頼らずに胃腸炎の症状を和らげる方法もあるわ。

自然療法とサプリメントによる予防と対策

例えば、適切な水分補給や、妊娠中に適した食事を心がけること。

また、プロバイオティクスを含むサプリメントは、腸内環境を整えて胃腸炎の予防に役立つことがあるわよ。ただし、サプリメントも薬と同じく、使用前には医師に相談してね。

このセクションでは、妊娠中の胃腸炎治療と、赤ちゃんに安全な薬選びのポイント、さらに薬以外の自然療法やサプリメントの活用方法について紹介していくわ。妊娠中は不安も多いけれど、適切な知識を持って対処すれば、胃腸炎も怖くないわよ!

妊娠中に胃腸炎を予防する方法

次は、妊娠中の胃腸炎を予防するための方法について、具体的に見ていくわね。

妊娠中は、何かと不安が多いもの。

でも、日頃からちょっとした注意を払うだけで、胃腸炎を予防することができるのよ。

食生活の見直しや、衛生管理に少し気を配るだけで、健康な妊婦生活を送れるチャンスがグンと上がるわ。

妊娠中に胃腸炎を予防する方法

妊娠中は、胃腸炎を予防するために、食生活や衛生状態に特に気を付けたいわね。

まず、食生活では、新鮮で安全な食材を選び、十分に加熱してから食べることが大切よ。

生ものや加熱不足の食品は、バクテリアやウイルスのリスクが高まるから、妊娠中は避けるようにしましょう。

胃腸炎は人に感染する

胃腸炎はお腹の赤ちゃんには感染しませんが、人から人に感染する

日常生活での衛生管理も、胃腸炎予防には欠かせないわ。

手洗いはもちろん、食材を扱う前後やトイレの使用後にはしっかりと行うこと。さらに、キッチン用品や食器は常に清潔に保ち、食材は適切に保存してね。

ストレス管理

ストレス管理も、胃腸の健康を守る上で意外と重要よ。妊娠中はホルモンの変化でストレスを感じやすくなるけれど、リラクゼーション技法や適度な運動でストレスを管理することができるわ。

例えば、妊婦向けのヨガや軽いウォーキングは、ストレス解消に効果的よ

妊娠中の胃腸炎対策、まとめと注意点

  • 原因と基本的な知識:妊娠中の胃腸炎は、食中毒やウイルス性胃腸炎が主な原因。妊娠中は免疫力の低下により、感染しやすくなるため注意が必要よ。
  • 妊婦の胃腸炎治療と安全な薬:軽度の胃腸炎は自宅でのケアで改善することも。しかし、症状が重い場合や不安がある場合は、迷わず医師に相談して。妊娠中でも安全に使える薬はあるけれど、使用前には必ず医師の指示を仰いでね。
  • 予防方法:食生活の見直しや、衛生管理の徹底、ストレスの管理によって、胃腸炎を予防することが可能。特に、妊娠中は生ものや加熱不足の食品を避け、定期的に手洗いをするなど、日常生活での小さな気配りが大切よ。

この記事を通じて、妊娠中に胃腸炎に悩まされることなく、安心して妊娠期間を過ごすためのヒントを得られたら嬉しいわ。もしもの時のために、これらの情報を心に留めておくと良いわよ。妊娠中は不安や心配事が多いけれど、正しい知識と対処法を知っていれば、きっと大丈夫。あなたと赤ちゃんの健康と幸せのために、今日からでもできることから始めてみましょう!

Tag一覧