当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

日焼けにドテラのエッセンシャルオイルの使い方

シミ・シワ・肌の老化を早めてしまうのが日焼け。。

若い頃は日焼け=カッコイイと思ってガンガン日焼けしてませんでした?

強力な紫外線を長時間浴びたり
新陳代謝が乱れると
肌内部にメラニンが停留して
シミになります。

この記事は、日焼け対策と日焼け後の熱やヒリヒリ、唇、髪のケアにエッセンシャルオイルの使い方を紹介します。

オススメのオイル
  1. ヘリクリサム
  2. サンダルウッド
  3. ラベンダー
  4. ペパーミント
  5. ローマンカモミール
  6. ティーツリー
  7. ゼラニウム
  8. イランイラン
  9. レモングラス

この記事はエッセンシャルオイル家庭医学事典を参考にしています。

日焼けで肌へのダメージ

特に日焼けによるダメージは大きい。

  1. 肌のバリア機能が低下
    紫外線は肌の表面の細胞を傷つけ、バリア機能を弱めます。その結果、肌は外部からの刺激や乾燥に対して弱くなり、トラブルを引き起こしやすくなります。
  2. シミやシワが増加
    紫外線はメラニン色素の生成を促進し、シミの原因となります。さらに、肌の弾力を保つたんぱく質であるコラーゲンやエラスチンが紫外線によって破壊されるため、しわが増える原因となります。
  3. 紫外線は肌の老化を促進
    紫外線によって生成される活性酸素が肌の細胞を攻撃し、老化を進めることが知られています。これにより、肌のハリや弾力が失われ、老化のサインが現れることとなります。
  4. 紫外線は肌のDNAにも損傷
    DNAの損傷は細胞の異常分裂や突然変異を引き起こし、皮膚がんのリスクを高める要因となります。特に、長時間の紫外線への露出やサンバーンの経験がある場合は注意が必要です。

日焼けにドテラのエッセンシャルオイルの紹介

日焼け対策と日焼け後のケアに使えるエッセンシャルオイルを紹介します。

ドテラがオススメの理由

ドテラと生産者との長期独占契約により、価格の変動を抑え、生産農家が安定した収入を得ることができます。このような取り組みにより、無農薬の植物の生産が継続され、CPTG基準の高品質なオイルが安定して作られています。

ヘリクリサム

ヘリクリサムの香りは、ハーベイシャス(ハーブの香り)、ハニー(はちみつのような甘い香り)、ヘイ(干し草のような香り)といった特徴があります。

ヘリクリサムオイルは、肌を保護し、日焼けやシミの予防に役立ちます。また、抗炎症作用もあり、日焼けによる肌の炎症を鎮める効果も期待できます。

サンダルウッド(白檀)

サンダルウッドはまとわりつく甘い香りでウッディーなドライな香りです。

木部から抽出されています。主成分のα-サンタロールで血行促進や利尿効果から体内の不要な水分や老廃物を排出してくれます。

サンダルウッドの香りは、何十年も持続するという特徴があります。他の香木と比べてもその持続性は非常に高く、長い間香りを楽しむことができます。このため、古代からその価値が高く評価され、木材やエッセンシャルオイルとして幅広い用途に使用されてきました。また、古い文書には、宗教儀式や瞑想のための薫香として使用されたり、エジプトでは遺体の保存にも利用されたりしたことが記されています。

サンダルウッドに含まれる成分は、紫外線から肌を守る働きを持っています。ノンケミカルの日焼け止めにも使われています。

ラベンダー

ドテラのラベンダーの香りは他のラベンダーとは全く違うと感想が多く一般的な芳香剤などでおなじみのラベンダーの香りとは全く異次元で異なり、新鮮で鮮やかな香りを楽しむことができます。

さらに、ラベンダーはリラックス効果や安眠効果がある事も有名ですが、抗炎症作用や細胞の成長促進作用で日焼けや火傷を早くケアしてくれます。

スプレーボトルに100㎖ぐらの天然水にラベンダーを10滴垂らしてよく混ぜて日焼けした肌にスプレーしてもOKです。

ペパーミント

ペパーミントの爽やかで清涼感のある香りは、特に夏の暑い日には心地よいものです。この香りは、中枢神経を刺激し、リフレッシュ効果をもたらしてくれます。また、ペパーミントは体感温度を下げる効果もあります。そのため、日焼け後の肌の熱をやわらげるのに効果的です。

日焼けによって肌が熱くなったり、炎症が起きたりすることがありますが、ペパーミントのエッセンシャルオイルを使うことで、肌の熱をやわらげ、炎症をケアすることができます。

また、抗菌作用で足の匂いのケアにも良く、足の指の間に垂らしたり、靴のインソールに垂らしても匂いが1日中しなく爽快感もありおすすめです。

ローマンカモミール

ローマンカモミールは、甘くリンゴの様なフルーティーな香りがします。

鎮静や抗不安、抗感染、消炎、血液浄化、鎮痛、保湿、抗炎症、皮膚軟化作用があります。また、老化の原因の皮膚の糖化を防ぐ作用でアンチエイジングも期待できます。

消炎や抗炎症、皮膚の軟化から日焼け後のほてりやケアに効果が期待できます。

ティーツリー

ティーツリーの香りは、ハーブのようなスーッとした香りと大地の様な香りが特徴です。独特で、薬品のような匂いも感じられるため、好みが分かれるかもしれません。

ティーツリーの葉から水蒸気蒸留法によって抽出されます。主成分にはテルピネン-4-オール、γ-テルピネン、α-テルピネンなどが含まれています。

ティーツリーは、高い抗殺菌作用や抗炎症作用があり、肌のトラブルを鎮める助けとなります。また、ティーツリーの香りは清涼感があり、肌をクールダウンさせる効果もあります。

また、ティーツリーは、高い抗殺菌作用で風邪やインフルエンザ、皮膚感染症などにも効果があり水虫にもOKです。

ゼラニウム

ゼラニウムの香りは、フローラルで甘く、女性らしい魅力を引き出す効果があります。

この香りは、心をリラックスさせ、ストレスを軽減する効果もあります。

太陽の光を浴びた唇は、乾燥し、荒れやすくなりますが、ゼラニウムには、保湿効果を高め、唇を健やかに保つことができます。

さらに、ゼラニウムは抗炎症作用もあり、日焼けによる炎症を鎮めることができます。

イランイラン

イランイランは、花から水蒸気蒸留で抽出され濃厚で甘いく南国のエキゾチックな香りで香水にも使われていて性欲を高める作用で古くから催淫作用で新婚初夜にベットに花びらをまく風習もあります。

イランイランは、心臓血管やホルモンに作用して血液の低下で不安や緊張を和らげる作用もあります。

また、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を高め作用があるβ-カリオフィレンによりホルモンバランスの乱れを改善します。

イランイランはヘアケアでも使われて薄めずに使えますが、大量になってしまうので、キャリアオイル(ココナッツオイル)で希釈して使って下さい。

イランイランの香りはリラックス効果もあり、ディフューザーやアロマバスにもOKです。

レモングラス

レモングラスは、柑橘系の香りを持つ背の高い多年草でスッキリとしたさわやかな香りがしします。

アジア料理のスープやお茶、カレーや魚料理、肉料理などに広く使用されています。その独特な風味に加えて、レモングラスオイルは、さまざまな効能を持っています。

夏の強い紫外線や海水、プールの塩素などの影響で、髪は乾燥し、パサついてしまいます。そんな髪にレモングラスオイルを使うことで、髪を保湿し、しっとりとした状態に整えることができます

さらに、レモングラスオイルには頭皮の健康を促進する効果もありますので、髪の成長や頭皮のトラブルを改善することも期待できます。

キャリアオイル(ココナッツオイル)

キャリアオイル(ココナッツオイル)は、刺激が強いエッセンシャルオイルを希釈したり、マッサージで使う時にエッセンシャルオイルを伸ばしたり、エッセンシャルオイルの揮発を遅らせたりするのに使います。

一般的なエッセンシャルオイルは15㎖でココナッツオイルは115㎖で値段も安く費用対効果が大きいです。

ドテラは酸化が比較的遅いココナッツオイルをキャリアオイルに推奨しています。酸化のしたオイルは体に良くはありません。

日焼けにドテラのエッセンシャルオイルの使い方

気になる項目を試してみて下さい。 すべてのエッセンシャルオイルを持ってなくてもOKです。また、エッセンシャルオイルは混ぜても重ね塗りしてもOKです。

日焼け対策

使用するオイル:ヘリクリサム1滴・サンダルウッド2滴

【塗布】
遮光瓶にキャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖と上記のオイルを混ぜて顔や手に塗布して下さい。おおよそ2ヶ月で使い切って下さい。

ドテラのエッセンシャルオイルを使った日焼け止めクリームの作り方も参考にして下さい。

日焼け後の肌の熱を下げる

使用するオイル:ラベンダー2滴・ペパーミント1~2滴・ローマンカモミール1滴

【塗布】
キャリアオイル(ココナッツオイル)5㎖に上記の分量を目安に混ぜて患部に塗布して、冷たいタオルで患部を冷やして下さい。 

ヒリヒリ痛む日焼け後の肌をケア

使用するオイル:ラベンダー・ティーツリー・ローマンカモミール

【塗布】
スプレーボトルに蒸留水30㎖と上記のお好きなオイルを合計12滴入れてよく振り日焼けした患部にスプレーします。痛みを和らげて皮膚の再生を促します。

唇の日焼けケア

使用するオイル:ゼラニウム・ラベンダー

【塗布】
上記のオイルとキャリアオイルを各1滴混ぜて唇に塗布します。

ミツロウやハチミツを混ぜてパックしてもOKです。

日焼けしてパサついた髪のケア

使用するオイル:イランイラン・ゼラニウム・レモングラス

【塗布】
髪の多さにもよるので、基本分量を書きます。キャリアオイル30㎖にイランイラン2滴・ゼラニウム3滴・レモングラス3滴を遮光瓶で混ぜて髪に馴染ませて、ラップを巻いてホットタオルを被せ10分程パックしシャンプーで洗い流し流します。

洗い流す時に

一人暮らしや家族の了解があれば、バスタブでお湯で流してアロマバスにもなります。

以上が使い方でした。

まとめ

日焼けはカッコイイですが、肌へのダメージが大きくケアが重要になってきます。

ノンケミカルのエッセンシャルオイルで日焼けのケアをしましょう。

Tag一覧

読んでね

コメントを残す