当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

胃痛や腹痛にドテラのエッセンシャルオイルの使い方と注意点

胃痛や腹痛は、痛みが激しの嫌ですね。

筋肉の収縮や痙攣によって引き起こされるこの症状は、ストレスや食あたり、消化不良、腸炎などの様々な要因によって引き起こされることがあります。

こうした痛みに対して100%植物由来のドテラのエッセンシャルオイルに興味はありますか?

エッセンシャルオイルに含まれる芳香成分は、痛みを和らげる効果を持っています。

オススメのオイル

ゼンジェスト

バジル

クラリセージ

ラベンダー

ネロリ

オレンジ

この記事では、胃痛や腹痛に対してドテラのエッセンシャルオイルを使う方法と注意点について詳しく説明します。また、胃痛や腹痛に効果を期待できるエッセンシャルオイルの特性や効能についてもご紹介します。

※この記事、エッセンシャルオイル家庭の医学事典を元に書いています。

胃痛や腹痛の緩和にドテラのエッセンシャルオイルの効能

ドテラは成分分析表を公開している少ないエッセンシャルオイルの会社です。

ドテラを好きになる人は、ドテラがまじめにエッセンシャルオイルを作ってるからです。

エッセンシャルオイルを気になナチュラル思考の人は、自分で成分を調べ上げて調べられない事はドテラのカスタマーや紹介者さんに質問して答えが返ってくる所ではないでしょうか。

ドテラは研究もしっかりやっています。

例えば、ゼンジェストというブレンドオイルは胃腸の不調に効果的です。このオイルには胃腸を鎮める成分が含まれており、胃痛や腹痛を和らげることができます。

胃痛や腹痛に悩んでいる方は、ドテラのエッセンシャルオイルを試してみることをおすすめします。

ただし、使用方法や濃度には注意が必要です。専門家のアドバイスを受けながら適切に使用しましょう。エッセンシャルオイルは自然な方法で胃痛や腹痛を緩和する手助けをしてくれるので、日常生活に取り入れる価値があります。

ドテラのエッセンシャルオイルは食品添加物に認定

ドテラジャパンのホームページに掲載されているエッセンシャルオイルは、食品添加物になっています。

そのため、安心して使用することができます。ドテラのエッセンシャルオイルは、良質な成分を含み、厳しい基準で品質管理が行われています。食欲不振に悩む方が安心して利用できる製品です。

その他にも、ドテラは60以上の基準でエッセンシャルオイルを検査しています。この検査をCTPG基準と言います。

ドテラのエッセンシャルオイルの使用上の注意

ドテラのエッセンシャルオイルを安全に使用するための注意点はいくつかあります。

まず、芳香、塗布、摂取の3つのカテゴリがあり、それぞれの使用方法には異なる注意が必要です。

芳香(ディフューザー)では、嗅覚を通じてエッセンシャルオイルが吸収され、大脳辺縁系に働きかけます。

塗布(マッサージ)では、肌に直接塗ることになります。柑橘系オイルなどは、光毒性と言って塗布後は日光や紫外線に当たるとシミやかぶれの原因になることがありますので、使用後12時間は、直射日光を避けるようにしましょう。 刺激が強いエッセンシャルオイルもあるのでキャリアオイル(ココナッツオイル)で希釈して使って下さい。

摂取では、エッセンシャルオイルを口から摂取することになります。ただし、適切な使用量を守ることが重要です。ドテラのユーカリプタスや既製のブレンドオイルのイージーエアーやドテラバランスは摂取をオススメしていません。

ドテラのエッセンシャルオイルを安全に使用するためには、使用方法に注意し、適切な量を守ることが大切です。また、各製品ごとに注意事項が異なる場合もあるため、ドテラのHPや紹介者さんに聞いてください。エッセンシャルオイルは心身の健康維持や健康の土台作りに役立つもので、安全に効率的に使用することで効果を最大限に引き出せるでしょう。

ドテラの消化器系ダイジェストブレンドのゼンジェスト

ドテラのブレンドオイルの消化器系ダイジェストブレンドのゼンジェストは、消化器系のサポートに特化したオイルで食事のときに胃の気分をスッキリさせてくれるブレンドオイルです。

このオイルは、健康的な食生活をサポートするために開発されました。ゼンジェストには、ショウガ精油、ハッカ精油、キャラウェイ精油、コリアンダー精油、スターアニス精油、タラゴン精油、ウイキョウ精油などの成分が含まれており、長時間の移動中のモヤモヤ気分をスッキリさせるだけでなく、ペパーミントやカルダモン、アニス、キャラウェイが食事のサポートとして健やかさをキープしてくれます。

このブレンドオイルには、それぞれのシングルオイルの働きが相乗し、消化器内での消化を助けます。

また、発酵、腐敗、ガスの発生を抑制し、胃や腸内の毒素を排出して、消化器系のバランスを整えてくれます。そのため、お腹や胃の調子がおかしいときには、ゼンジェストが力強い味方となります。

ゼンジェストには外出時に持ち運べるソフトジェルもあります。

ドテラのエッセンシャルオイルの効果的な使用方法

項目別に使用方法を分けてあります。自分が気になったのを試してみてください。持ってないオイルがあっても、持ってるオイルで試してみてください。

鎮静作用で心の痛みもケア

使用するオイル:消化器系ダイジェストブレンド・バジル・クラリセージ

【マッサージ】
上記のオイルから3種類を各1~2滴をキャリアオイル(ココナッツオイル)5㎖と混ぜて腹部に優しく円を描く様にマッサージします。

痙攣性の胃痛を緩和

【塗布】
使用するオイル:ラベンダー・ネロリ

みぞおちに上記のオイルを各1滴塗布します。その上にお湯で絞った温かいタオルを被せて温湿布して下さい。

【摂取】
使用するオイル:消化器系ダイジェストブレンドのジェンジェスト・バジル・グリーンマンダリン・ディル・プチグレン

コップ1杯の水に消化器系ダイジェストブレンドのジェンジェストを1滴入れて摂取します。また、空のカプセルに上記のお好きなオイルを2滴を入れます。

腹部の緊張による痛みを緩和

ガスや水分が溜まりパンパンに膨れ突っ張り胃が圧迫され胃が痛みます。

使用するオイル:消化器系ダイジェストブレンドのジェンジェスト・セロリシード

最初はキャリアオイル(ココナッツオイル)で少量薄めて胃と足の裏のツボに塗布します。

満腹時の胃の痛みを緩和

使用するオイル:オレンジ・シナモンバーク・消化器系ダイジェストブレンドのジェンジェスト

【塗布】
上記のお好きなオイルを合計5滴程度とキャリアオイル(ココナツオイル)を混ぜて胃の辺りをマッサージします。

【摂取】
空のカプセルに消化器系ダイジェストブレンドのジェンジェストを2滴入れて摂取します。

コップ1杯のお湯に上記のオイルを垂らして飲みます。その時に、コップから出る湯気を鼻から吸い込んでください。

ドテラのエッセンシャルオイルの注意点

ドテラのエッセンシャルオイルを使用する際には、注意点がいくつかあります。

まず、エッセンシャルオイルは高濃度であるため、直接肌に塗布すると刺激を与える可能性があるエッセンシャルオイルがあります。そのため、適切にキャリアオイルと混ぜるか、ディフューザーを使用することで安全に使用することができます。特に子供に対しては、年齢に応じた適切な濃度で使用することが重要です。また、お子様の誤飲には十分に注意してください。ボトルの飲み込みに十分注意して下さい。

さらに、ドテラのエッセンシャルオイルは自然由来の成分で作られているため、アレルギー反応が起こる可能性もあります。初めて使用する際には、パッチテストを行うことをおすすめします。また、妊娠中や授乳中の方、持病をお持ちの方は、医師に相談してから使用するようにしましょう。

さらに、エッセンシャルオイルは強い香りを持っているため、周囲の人々の快適さにも配慮する必要があります。特に公共の場や職場では、他の人に迷惑をかけないように注意しましょう。

最後に、エッセンシャルオイルは適切な保存方法が重要です。直射日光や高温多湿の場所に置かないようにし、涼しい場所で密封された容器に保管しましょう。また、使用期限を守り、古くなったオイルは使用しないようにしましょう。

まとめ

胃痛や腹痛に効果的なエッセンシャルオイルの使い方と注意点を紹介しました。エッセンシャルオイルの種類が少ない人は消化器系ダイジェストブレンドのジェンジェストがオススメですね。

Tag一覧

読んでね

コメントを残す