AI プログラミング

若者は世界的な不景気に立ち向かうスキルを持つべき理由

日本の若者はAIプログラミングを学ぶべきです。

世界が今後数年間、経済の不確実性に直面し続ける中、最終的に米国の景気後退が世界経済、特に日本のような国々にどのような波及効果をもたらすのか、という問いは重要であろう。

今回は、2023年に到来する米国の景気後退が日本経済にどのような影響を及ぼすかと世界で需要があるスキルを身につければどこでも働けます。

輸出への影響

米国の景気後退が日本に与える影響として、最も直接的なものは輸出への影響である。

日本は対米輸出への依存度が高く、2020年の対米輸出全体の約17.8%を占めている。2023年に米国が景気後退に陥れば、景気後退局面では消費を控えるため、日本の対米輸出は大きく減少する可能性が高い。また、米ドルの価値下落も予想されるため、日本が他国と価格競争することが難しくなる可能性があります。

円高の進行

米国の景気後退が日本の通貨である円に与える影響はさらに大きい。米国の景気後退局面では、日本円のような安全資産を求める投資家が殺到する可能性がある。その結果、日本円は米ドルを含む他の通貨に対して上昇することになる。円高は、日本の輸出企業が他国と価格競争することを困難にし、日本企業が海外の商品やサービスを購入する際のコストを高くする。

国内消費への影響

最後に、米国の景気後退は、日本の国内消費にも影響を与える可能性がある。米国の景気後退は、日本の消費者のリスク回避行動を強め、家計消費の減少を招く可能性がある。これは、成長を国内消費に大きく依存する日本経済にとって大きな懸念材料です。また、米国の景気後退は、日本への海外投資の減少を招き、さらなる経済の縮小をもたらす可能性があります。

若者ができること

不況に備えるために、日本の若者は不況下で必要とされるスキルを身につけることに注力すべきです。フォーブスによると、金融リテラシー、適応性、問題解決、コミュニケーションなどのスキルはすべて、不況下で雇用者が優先する可能性のある必須属性である。日本の若者にとって、今のうちにこれらのスキルを身に付けておくことは、就職市場がさらに狭くなったときに競争力を維持するために不可欠なのです。

日本における教育機会

日本には、大学や専門学校のレベルで、若者が利用できる多くの教育機会がある。東京女子医科大学のような大学から天台宗国際学院のような専門学校まで、若者は不況下で成功するために必要な知識と経験を得るためのリソースを利用することができます。進学することで、専門的な技術や知識をアピールし、他の応募者に差をつけることができるのです。

限られた資源を最大限に活用する

2023年に世界的な景気後退が起こるというのは恐ろしいことかもしれませんが、日本の若者はより困難な経済環境に備えるために、まだできることがあります。適切なスキルを身につけることに注力し、教育機会に投資するなど、若者が就職市場で競争力を維持するために利用できるリソースはまだたくさんあります。

グローバル市場で価値のある人材になるためのスキルをいくつか紹介します。

言語スキル

日本が衰退したとしても、個人のスキルがあれば世界中で働く事ができます。また、日本にいながら個人でも仕事を受注できる可能があります。もしも、この先円高が進んで円の価値が上がって給料を日本円でもらえたら大きく貯蓄が増える事にもなります。何を学べば良いか悩んでいたら参考にして下さい。

他言語に堪能であることは、国内だけでなくグローバルでも貴重なスキルです。他の言語でビジネスを行う上で有益なだけでなく、文化の違いを尊重する姿勢の表れでもあります。どの言語を話すかによって、グローバルな文脈でその言語を使用する機会は異なります。しかし、どの言語に精通しているかに関わらず、よりグローバルな機会を得るために、自分のスキルを磨く努力をする必要があります。

テクニカルスキル

コーディング、ウェブデザイン、コンピュータプログラミングなどのテクニカルスキルは、グローバルな場面で非常に有用です。これらのスキルは、使用する言語に関係なく、あらゆる製品、サービス、ソリューションに応用することができます。どの言語でもトラブルシューティングができることは、非常に求められるスキルであり、グローバルにビジネスを展開する上で大きな武器となります。

文化的な流暢さ

異文化とその習慣をよく理解していることは、他国のビジネスパートナーと交流する上で欠かせません。異なる文化の習慣や伝統を予測し、対応できるかどうかが、国際的なパートナーシップの成功と完全な失敗の分かれ目となります。不用意に誰かを怒らせることがないよう、取引を検討している国の習慣や文化について常に情報を得るよう努力する必要があります。

柔軟性

国際的な起業家として成功するためには、ある程度の柔軟性を持つことが重要です。国際的なビジネス環境は予測不可能であり、瞬時に計画や戦略を変更できるように準備しておく必要があります。異なる状況や文化的習慣に適応できるかどうかが、国際的なビジネスチャンスの成否を分けるのです。

AIプログラミングがグローバルに通用するスキルである理由

AIプログラミングは、非常に革新的な技術である。株式市場の予測から音声認識、自然言語処理アプリケーションの作成まで、さまざまな用途に利用することができます。今日の技術では、企業や組織は、以前には想像もできなかったような方法でAIプログラミングの恩恵を受けることができます。

ほぼ無限の可能性を秘めている

AIプログラミングは、ほぼ無限の可能性を持っています。例えば、人間の知能や行動を機械に再現させる人工知能の研究が盛んに行われています。さらに、気候変動やパンデミックなどの複雑な問題の解決にも、AIプログラミングが活用できる。

プロセスを合理化できる

AIプログラミングは、プロセスを合理化し、職場の効率を向上させる機能を備えています。面倒な作業を自動化し、ヒューマンエラーを排除することで、AIプログラミングは、企業がより効率的に業務を行い、より早く目標を達成することを支援します。現在、企業はAIプログラミングを活用してデータを分析し、情報に基づいた意思決定を行うための強力なインサイトを提供しています。

魅力的なキャリアを提供する

テクノロジーへの情熱を持つ人にとって、AIプログラミングはさまざまな有利なキャリア機会を提供します。企業は、高度なAIシステムを構築・維持できる経験豊富なAI開発者やAIエンジニアを常に求めています。AIシステムをプログラミングするスキルを持つ人は、ロボット工学、コンピュータビジョン、自然言語処理などの分野でも仕事を見つけることができる。

まとめ

結論として、AIプログラミングは、無限の可能性を秘めた世界的に認められたスキルです。複雑な問題を解決したり、職場のプロセスを合理化したりするために使用することができます。さらに、そのスキルを持つ人には、さまざまな有利なキャリアの機会が提供されます。AIプログラミングは、世界の雇用市場において急速に不可欠なスキルとなりつつあり、その重要性は今後ますます高まっていくでしょう。

こちらも読んでね