当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

集中力の低下にドテラのエッセンシャルオイルの使い方

仕事や勉強に集中できない事が多くありませんか?

旦那さんやお子さんの人生を大きく変える瞬間をサポートしたいと思いませんか?

そんな時は、ドテラのエッセンシャルオイルがオススメです。

ストレスや疲労がたまると集中力の低下に繋がります。他にも、睡眠不足や水分。糖質不足、環境などが原因として考えられます。

また、緊張やストレス状態が続くと血中のストレスホルモンが増えて心身が疲れやすくなりイライラ感が増えます。

生活習慣や食生活改善して疲れをリセットしましょう。

この記事では、リラックス効果が期待できるエッセンシャルオイルの紹介と使い方を紹介します。

この記事は『エッセンシャルオイル家庭医学事典』を参考にしています。

集中力の低下は精神面が原因

集中力は私たちが物事に集中し、効率的に仕事や勉強を進めるために重要な要素です。しかし、集中力が低下すると、仕事や勉強が進まず、モチベーションも低下してしまいます。

集中力の低下は、精神的な要素によって引き起こされることがあります。

例えば、ストレスや不安、うつ病などの精神的な問題が集中力の低下を招くことがあります。また、睡眠不足や栄養不足などの身体的な要素も集中力に影響を与えることがあります。

ドキドキしてる時は集中なんて出来ないもんね

集中力を高めるためには、まず精神的な健康を整えることが重要です。

ストレスを軽減するためには、適度な運動やリラックス法を取り入れることが効果的です。また、睡眠を十分にとることやバランスの取れた食事を摂ることも集中力を向上させるために重要です。

エッセンシャルオイルの香りで癒されてリラックスしましょう。

鼻から嗅いだエッセンシャルオイルは脳に届くの何秒か知ってますか?

鼻から嗅いだエッセンシャルオイルが脳に届く

これは、アロマテラピーの特徴的なメカニズムの一つです。

エッセンシャルオイルは、植物から抽出された香りの成分であり、芳香化学成分が様々な効果を持っています。この香りを鼻から嗅ぐことで、脳に直接的な影響を与えるのです。

まず、鼻から嗅いだ香りの分子は、嗅細胞が集まった嗅上皮と呼ばれる部分で粘膜に溶け込み嗅細胞の先端の「嗅毛」に取り込まれた香りの情報は嗅細胞の内部で興奮を起こして電気信号に変換されます。

この電気信号は、嗅細胞を通じて脳の大脳辺縁系へ伝達され視床下部、下垂体へと伝わります。

大脳辺縁系の中には扁桃体や海馬と呼ばれる器官が存在し、エッセンシャルオイルの芳香化学成分はダイレクトに伝わります。

伝わった芳香化学成分は脳内で処理され、感情や記憶、自律神経やホルモンの分泌などに関与するさまざまな反応を引き起こします。

香りの刺激がで脳に届く時間はわずか0.2秒です。

香りと脳の関係が分かった事で個々のエッセンシャルオイルの紹介をします。

集中力を高めるリラックス効果のあるエッセンシャルオイル11選

エッセンシャルオイルはリラックスや癒し効果がある事は皆さん知ってると思います。

ラベンダー

ラベンダーの香りは集中力を高める効果があります。ラベンダーはリラックス効果もあるため、心を落ち着かせて集中力を向上させることができます。研究によると、ラベンダーの香りを嗅いだ人は、集中力が増すだけでなく、ストレスや不安も軽減されるという結果が出ています。

ラベンダーの香りを直接嗅ぐことで、集中力を高めるだけでなく、リフレッシュ効果も得ることができます。仕事や勉強の合間にラベンダーを嗅いで深呼吸することで、気分をリセットし、集中力を取り戻すことができます。

安眠にディフューザーしたり、枕に垂らすのもオススメです。

レモン

レモンのフレッシュな香りは、心身を活性化させる効果があります。

仕事や勉強の際に集中力を高めたいときに、レモンの香りを取り入れることで、集中力を維持することができます。

また、レモンは、冷静さを保つ効果もあります。ストレスや疲れからくるイライラや焦りを鎮め、冷静な状態を保つことができます。集中力を高めるためには、冷静な状態が必要不可欠です。

さらに、レモンのエッセンシャルオイルは、やる気を高める効果もあります。仕事や勉強に取り組む際には、やる気が重要です。レモンの香りは、心をリフレッシュさせ、やる気を高めることができます。

ドテラのレモンのエッセンシャルオイルを1㎏作るのに無農薬のレモンの果皮200㎏が必要で、ひと瓶15㎖に45個分のレモンの果皮が使われています。

ペパーミント

ペパーミントの香りはスッキリとしたミントの香りで、リフレッシュ効果があり、眠気覚ましやアイデアのひらめきに役立ちます。

また、乗り物酔いや二日酔いの吐き気、鼻づまりや花粉症にも効果があります。

さらに、肌のトラブルにも使えます。日焼けやかゆみ、虫に刺されたときには、ペパーミントのエッセンシャルオイルを使ってみましょう。

オレンジ

オレンジにも、リラックス効果がありながらも集中力を高めることができます。

実際に行われた実験でも、オレンジの香りを嗅ぐことで計算ミスが減少するなど、集中力に良い影響が見られました。

また、オレンジの香りは気持ちを明るく前向きにしてくれるため、受験直前やイライラ感がある時にもおすすめです。

サイプレス(杉)

サイプレスの深い森林を思わせるウッディな香りは、爽やかでスッキリとした香りでリラックス効果もあり、ストレスや緊張を軽減する効果もあります。

この香りを嗅ぐことによって、脳の活性化が促され、集中力を高める効果が期待できます。

サイプレスにはセルライトに効果が期待されます。

ユーカリプタス

ユーカリプタスは、集中力を高める効果があります。

ユーカリプタスは、オーストラリア原産の常緑樹で、その葉から抽出される精油は、鎮痛作用や抗バクテリア作用、そして消炎作用も備えています。

さらに、ユーカリプタスの主成分である1.8シネオールは、抗菌力を持ち、揮発性があるため、蒸気吸入などを行うと、肺の深部まで効果を発揮することができます。

ユーカリプタスは、その爽やかでスッキリとした香りが特徴です。この香りは、リフレッシュ効果をもたらし、心的疲労の回復やストレス軽減にも役立ちます。

ローズマリー

ローズマリーの香りは脳に刺激を与え、集中力を高める効果があります。

脳の活性化によって、記憶力も向上させることができます。

ローズマリーの香りは、心をリフレッシュさせる効果もあります。ネガティブな感情にとらわれている時や一歩踏み出せない時に使用すると、頭をすっきりとさせて活力を与えてくれます。また、眠気を覚まし、疲労感を軽減する効果もあります。

さらに、ローズマリーは神経を強壮し活性化させる効果もあります。脳の機能を改善することで、集中力や記憶力を向上させるだけでなく、脳の健康維持にも役立ちます。記憶力が低下していると感じる人にもおすすめです。

サンダルウッド(白檀)

Wikipedia

サンダルウッドは甘いスモーキーな香りでお香や扇子にも使われています。

サンダルウッドは、主成分であるα‐サンタロールが注意力を向上させるとされています。この成分は、色々な研究機関でも確認されています。

サンダルウッドの香りは、深いリラックス効果をもたらし、心を落ち着かせる働きがあります。そのため、不眠症や不安、緊張などで集中力が低下している方にオススメです。

サンダルウッドを使った瞑想は、集中力を高めるための効果的な方法です。瞑想の場所にサンダルウッドの香りを広げることで、空間が浄化され、深いリラックス効果が得られます。これにより、集中力が研ぎ澄まされ、思考や注意力が向上します。

イランイラン

イランイランは、フローラルでエキゾチックな甘い香りを持ち、高級な香水にも広く使われています。

この温かみのある香りは、過度な緊張や不安、怒りを感じる時に心を落ち着かせ、気持ちをリラックスさせてくれます。

また、イランイランにはホルモンバランス調整作用があり、バランスの乱れによる肌荒れやPMS、更年期障害など女性特有の症状の緩和にも役立てることができると言われています。女性の集中力を高めるだけでなく、心身のバランスを整える効果も期待できます。

スペアミント

スペアミントのすっきりとした香りは、頭をクリアにし、集中力を高める効果があります。疲れた心身に活力を与え、元気を取り戻したいときにも適しています。

ミントの中でも、スペアミントは古代ギリシャ人によって浴槽に入れられたり、口腔ケアに使用されたりするなど、古くから利用されてきました。

スペアミントの特徴的な香りは、ストレスを軽減し、リラックス効果をもたらします。

ペパーミントと比べると、スペアミントはより穏やかな香りであり、頭をクリアにさせる効果があります。

また、スペアミントは消化器系の不調にも効果的です。便秘や下痢の緩和、胃の不調などに効きます。さらに、口腔ケアにも適しており、口内炎の治療にも効果があります。

さらに、スペアミントは皮膚への効能も持っています。皮脂バランスを調整し、肌のトラブルを防いでくれます。

以上が集中力を高める為にリラックス効果が規定される柄洗車るオイルの紹介でした。気になるオイルはありましたか?

使い方の前に、アロマオイルとエッセンシャルオイルを混同してしまうと危険なのでお話します。

アロマオイル」とエッセンシャルオイルは同じ?

いいえ。全く別物です。
間違えると使い方によっては、危険です

エッセンシャルオイルは植物から抽出しています。
アロマオイルは人工的に合成した香料です。

アロマオイルは100%植物由来じゃないので、芳香化学成分が入ってなく、アルコールや油がベースになって合成香料なので塗布や摂取は危険です。

アロマオイルを使っちゃダメとか言いたいのではなくて、エッセンシャルオイルのに含まれる芳香化学成分がリラックス効果があり集中力を高めるエッセンシャルオイルの紹介をしています。 

アロマオイルは、ディフューザーで香りを拡散するだけにしておいて下さい。塗布や摂取は危険です。

詳しい事は、ドテラの紹介者さんに聞いて下さい。

集中力の低下にドテラのエッセン去るオイルの使い方

気になる項目があれば試してみて下さい。 複数のエッセンシャルオイルが登場しますが、まずは持てるエッセンシャルオイルで試して下さい。

やり方いっぱいあってめんどくさいと感じたら、お好きなエッセンシャルオイルの蓋を開けて鼻からゆっくり吸入してもOKです。

集中力を向上させる

使用するオイル:ラベンダー・レモン・ペパーミント・オレンジ・サイプレス・ユーカリプタス・ローズマリー・サンダルウッド・イランイラン・スペアミント

【吸入】
上記のお好きなオイルの瓶の蓋を開けて直接鼻からゆっくり吸入して下さい。特にラベンダーはオススメです。

この中でオススメのオイル

脳を刺激して集中力アップ

使用するオイル:ローズマリー・スペアミント

【吸入】
ディフューザーで室内に香りを拡散させたり、ビンからゆっくり吸入しください。

オススメのオイル

やる気が出ないとき

使用するオイル:ユーカリプタス・ジュニバーベリー・オレンジ・シベリアンファー

【マッサージ】
遮光瓶などにキャリアオイル(ココナッツオイル)5㎖と上記のオイルを各1滴ずつ入れてブレンドオイルをつくります。1~2滴を首や手首をマッサージしながら、ブレンドオイルの香りも嗅ぎましょう。

眠気を吹き飛ばしたいとき

使用するオイル:ペパーミント2滴・ローズマリー2滴

試験前や失敗出来ない仕事の前に瓶の蓋を開けて鼻からゆっくり吸入して下さい。

判断力を高める

使用するオイル:シダーウッド・レモングラス・ローズマリー・クラリセージ

プレゼンや商談、テストなどの気持ちを落ち着かせて判断力をたかめます。

【吸入】
ハンカチに各1滴たらして香りを嗅ぎます。瓶の蓋を開けてゆっくり吸入してもOKです。

以上が使い方でした。 お好きなオイルを好きな時に吸入出来るので簡単だと思います。お好きなオイルの香りに包まれたらリラックス出来て、本来の自分に戻って集中しましょう。

まとめ

今回は、吸入なので比較的に使い方は簡単でした。 花の香りや、森林の香り、雨の香りなど、匂いは懐かしいシーンも思い起こす効果もあります。 

香りに、癒されてりラックスして、仕事や勉強に土ドテラのエッセンシャルオイルを活用うて下さい。

Tag一覧

読んでね

コメントを残す