当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

静脈瘤にドテラのエッセンシャルオイルの使い方と注意点

静脈瘤とは、血管が拡張し、表面にこぶのような盛り上がりが生じる病気のことです。

多くの人が静脈瘤に悩まされており、その治療方法についてはさまざまなアプローチが存在します。

立ち仕事の人とか女性にも多いから日頃のケアが大事よ

この記事では、静脈瘤に効果があるとされるエッセンシャルオイルの芳香成分のに注目して、ドテラのエッセンシャルオイルでその芳香化合物の効果的な使い方と注意点と血液の流れのを改善するエッセンシャルオイルの使い方を解説します。

また、ドテラのエッセンシャルオイルはCPTG基準を満たしており、安全性と品質にもこだわっています。さらに、エッセンシャルオイルの芳香成分が静脈瘤に使ってみて下さい。

関連症状の下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)と拡張蛇行静脈に使えるエッセンシャルオイルの使い方も書いています。

この記事は、書籍『エッセンシャルオイル家庭の医学事典』を参考にしています。

エッセンシャルオイルを過信しないで下さい。
初期ならお医者さんに行った方が早く治る可能性があります。
エッセンシャルオイルを塗ったらOKじゃなくて常に気に掛けておいて悪化したらお医者さんに行って下さい。

エッセンシャルオイルは予防と健康の土台作りに使って下さい。

静脈瘤とは何か?


静脈瘤とは、
血管の拡張や弁の機能低下により、血液が滞留し、部分的に膨らんだ状態の血管変化のことを指します。脚の血管が浮いて盛り上がり、こぶ状になるなど、様々な症状が現れます。


静脈瘤の治療方法には、手術や注射療法、圧迫療法などがあります。また、自己ケアとしては、適度な運動や予防策の取り組みも重要です。

エッセンシャルオイルとは


エッセンシャルオイルとは、100%植物の芳香化合物を凝縮したものであり、様々な効果をもたらすとされています。多くの種類があり、それぞれに特徴や効能があります。

また、エッセンシャルオイルは植物が根から葉っぱから吸い上げて無毒化した栄養や芳香化合物を凝縮した揮発性のオイルです。

ドテラのエッセンシャルオイルの安全性と品質について

ドテラは、CPTG基準を満たすエッセンシャルオイルを提供しています。これは、厳格な基準をクリアした製品であり、安全性や品質にも配慮しています。

ドテラは検査だけじゃなくて、調べた成分も公開してます。CPTG基準は蒸留後すぐに化学組織が調べられます。残りの2回の検査も化学組織が調べられ、瓶に詰められるた後まで、予期せぬ変化が無いか検査しています。

ドテラのエッセンシャルオイルのCPTG基準とは?

CPTGはCertified Pure Therapeutic Grade(確かな純粋なセラピーグレード)の略称で、ドテラが独自に定めた品質基準です。

CPTG基準の理由

ドテラはCPTG基準を作った理由として、合成エッセンシャルオイルが増えてるから、それの見極めと、差別化ですね。

品質管理は、エッセンシャルオイルの生産から販売までの全ての段階で行われます。まず、生産の過程で適切な方法で植物を栽培し、収穫します。その後、蒸留などの適切な方法でオイルを抽出します。これを全てドテラが管理しています。農家さんと契約して、雇用を生んで、技術を提供してドテラの求める品質の植物や果物を生産しています。

純粋なエッセンシャルオイルの生産が可能

さらに、CPTG品質管理では科学的な分析も行われます。ガス色素分析や質量分析などの精密な成分分析により、エッセンシャルオイルの成分が確定されます。これにより、純粋なオイルであることが保証されます。

CPTG基準の内容

官能検査・微生物試験・ガスクロマトグラフィー試験 ・質量分析法・フーリエ変換赤外分光法・ 旋光度測定・ 同位体解析 ・重金属試験 

全部で60種類あると言われています。

CPTG試験では、エッセンシャルオイルに有害な添加物や合成成分、汚染物質が含まれていないことを検証します

さらに、官能検査も行われます。熟練した蒸留者が、製品として販売できる品質かどうかを感覚器官で識別します。視覚、嗅覚、味覚、触覚などの感覚器官を使って、オイルの品質を確認する重要な試験です。

そもそも、なぜエッセンシャルオイルなの?

エッセンシャルオイルは自然由来の成分であり、副作用や依存性の心配が少ないからです。また、エッセンシャルオイルは血液循環を促進し、静脈瘤の症状である足のむくみを改善する効果があります。

エッセンシャルオイルの中でも効果的なものは、レモンやローズマリー、ユーカリプタスなどです。

これらのオイルは血管を強化し、血液の循環をスムーズにする働きがあります。さらに、マッサージや温湿布と組み合わせることで、効果を高めることができます。

エッセンシャルオイルは植物の生きるが凝縮されてます

エッセンシャルオイルは植物を水蒸気蒸留法や圧搾法(コールドプレス)の技術を使って濃縮された揮発性の高い芳香成分が数十~数百種類入っています。

例えばドテラのレモンを作るのにレモン何個ひつよう?

1kgのエッセンシャルオイルを作るのに200㎏のレモンの果皮が必要でレモン約3000個が必要になります。

ドテラのレモンは15㎖だから、1本で無農薬のレモン約45個分が必要です。

ドテラのレモンの成分分析表

瓶の裏に書いてある『品質ID』をドテラのHPの『Sauce To You』に入力すると誰でも簡単に自分の持ってるエッセンシャルオイルの成分分析表がダウンロード出来ます。成分分析表や成分公開は他のエッセンシャルオイルでそんなにやってないです。

無印良品のエッセンシャルオイルは成分を公開していません。

これはドテラのレモンの成分分析表です。
クリックで大きく見れます。

ドテラのレモンのエッセンシャルオイルには、60種類の成分が入ってます。その中でも1番多い芳香成分が、リモネンで64.06%も入っていて、βピネンは12,71%入っていて、両方合わせて74.77%入ってます。

ちなみに2つの成分は有名な芳香成分でエッセンシャルオイルに興味がある人なら知ってる人も多いと思います。

リモネンの効能

リモネンの成分は、リラックス・覚醒・免疫力・血行促進・育毛・食欲増進効果があるとされてます。

引用元:若さの秘密 リモネンの効果

βピネンの効能

βピネンは強壮作用があり、精神的、肉体的な衰弱に対する効果が期待され ます。

引用元:ジェトロ

静脈瘤に効果があるドテラのエッセンシャルオイル

先ほど、オススメしたエッセンシャルのレモンやローズマリーやユーカリプタスの他に『エッセンシャルオイル家庭の医学事典』では次の様なエッセンシャルオイルもオススメしています。

頭を混乱させて申し訳ないですが、エッセンシャルオイルの芳香化合物の効能を多く伝えたくて書いています。


でも、安心して下さい。

気になる症状別に使い方を解説するのでもう少し読んで下さい。

ヘリクリサムの効果

ヘリクリサムのエッセンシャルオイル芳香成分のケトン類のβ-ジオンには抗凝固作用があり、血液の凝固を防ぐ効果があります。これにより、血栓性静脈炎の予防にも効果的です。血栓性静脈炎は血管内で血液が凝固し、炎症を引き起こす病態です。ヘリクリサムのエッセンシャルオイルは血液の流れをスムーズにし、血栓形成を抑制することで、血栓性静脈炎の予防に寄与します。

引用元:外科処置後の青あざにはヘリクリサム

ディープブルーの効果

ディープブルーのこのエッセンシャルオイルには、抗炎症作用や鎮痛作用があり、痛みや腫れを和らげる効果があります。また、ディープブルーのエッセンシャルオイルには筋肉の緊張を緩和する効果があります。

ゼラニウムの効果

ゼラニウムのエッセンシャルオイルには、抗炎症作用や収れん作用があります。これにより、静脈瘤の症状である脚の浮腫や痛みを軽減する効果が期待されます。また、ゼラニウムのエッセンシャルオイルは血液をサラサラにする効果もあり、血管内の血液の流れをスムーズにすることができます。

さらに、ゼラニウムのエッセンシャルオイルはリンパの流れを促進する効果もあります。リンパの滞りが静脈瘤の原因の一つとされているため、リンパの流れを改善することで静脈瘤の改善につながる可能性があります。

レモンの効果

レモングラスのエッセンシャルオイルは、血液の循環を促進する効果があり、静脈瘤の症状を緩和する効果が期待されています。

レモンや柑橘系のエッセンシャルオイルには光毒性があり肌に塗布後12時間は太陽光に当たらないでください。フロクマリン類という成分が紫外線のエネルギーを蓄積しますが、一度にそのエネルギーを皮膚内に放出する事を光毒性と言います。

光毒性で強い日焼けと言うよりは火傷ですそして、シミの原因にもなります。

静脈瘤に効果があるエッセンシャルオイルの使い方

芳香成分に効果や注意点が分かったらいよいよ使い方を説明します。

血液の流れをサポートして静脈瘤を和らげる

使用するオイル:ヘリクリサム・ディープブルー・マッサージブレンドのアロマタッチ・パーチ・ウィンターグリーン・レモングラス・バジル・コリアンダー

【塗布】
上記のエッセンシャルオイルを各1滴を患部に塗ります。重ねて塗るイメージでOKです。

【マッサージ】
キャリアオイル(ココナッツオイル)に上記のオイルを合計15滴を加えて混ぜて患部に塗ってマッサージします。

血管壁が弱くなってるので、優しく心臓に向かってマッサージします。

マッサージは毎日やってもOKですが、血管壁が弱ってるので自分で具合を確認しながら日にちを明けたりしてやってみて下さい。

その他にオススメのオイルレモン・ペパーミント・さわやかシトラスブレンド・ゼラニウムラベンダー・ローズマリー・オレンジがあります。

このオススメのオイルを使う時は、上記のオイルに足ししても良いですし入れ替えてもOKです。ですが、マッサージする時の合計15滴は守った方が良いと思います。

【関連症状】下肢静脈瘤に効果的なドテラのエッセンシャルオイルの使い方

下肢静脈瘤とは、足の血管が瘤(こぶ)のようにふくらんで浮き出る状態を指します。この病気は、下肢の静脈が拡張して血管がボコボコと浮き出るなどの症状が現れるものです。一般的には、ふくらはぎに起こることが多く、中年以降の女性や立ち仕事をする方に多く見られます。遺伝や妊娠出産、肥満、便秘なども発症要因とされています。小さな静脈瘤は日本人の10人に1人ほどが持っていると言われています。

使用するオイル:ティーツリー・ゼラニウム・ラベンダー・タイム

【摂取】
コップ1杯の天然水に上記のオイルを1滴入れて飲みます。ドテラのミネラルも入れるとさらに良いと思います。

【塗布】
上記のオイル(ティーツリー・ゼラニウム・ラベンダー・タイム)にユーカリプタスをキャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖と混ぜて患部に塗布します。そして、温かいタオルをのせて温湿布の様にして下さい。

【関連症状】拡張蛇行静脈に効果的なドテラのエッセンシャルオイルの使い方

足と足首によく見られるねじれて拡張した青紫色の静脈を拡張蛇行静脈言います。心臓の弁が弱くなって血液が静脈に滞留するなどの理由が考えられます。強い痛みがあることがあります。

使用するオイル:サイプレス・レモングラス・レモン・ペパーミント・ヘリクリサム・さわやかシトラスブレンドSR・ゼラニウム・ラベンダー・ローズマリー・オレンジ

上記のエッセンシャルオイルを合計15滴とキャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖をブレンドします。

①足首から足の上部にそっと塗ります。なるべく時間をかけるのがオススメです。

②心臓に向かって静脈をマッサージして下さい。

ドテラのエッセンシャルオイルの静脈のケア

静脈は毛細血管から心臓へ血液を送る為の血管です。重力によっては血管が下肢に溜まらない様に静脈の内部に逆流防止弁が付いてます。

使用するオイル:レモングラス・サイプレス・レモン・ヘリクリサム

上記オイルを各1滴とキャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖を混ぜて足全体を優しくマッサージする事がで静脈のケアが出来ます。

エッセンシャルオイル選びの注意点と使用上の注意

エッセンシャルオイルを選ぶ際には以下の点に注意しましょう。

まず、成分が明記されているかどうかを確認することが重要です。エッセンシャルオイルは植物の花や葉、果皮などから抽出されるため、成分によって効能や香りが異なります。使用目的に合わせて適切な成分を選ぶことが大切です。

また、肌に直接使う場合はオイルでキャリアオイル(ココナッツオイル)で希釈することが推奨されます。エッセンシャルオイルは濃度が高いため、肌に直接使うと刺激やアレルギー反応を引き起こす可能性があります。オイルで希釈することで安全に使用することができます。

また、赤ちゃんやペットがいる家庭では、エッセンシャルオイルを徹底管理する必要があります。一部のエッセンシャルオイルは赤ちゃんやペットにとって有害な場合がありますので、安全な場所に保管し、誤飲や直接触れることのないようにしましょう。

以上がエッセンシャルオイルを選ぶ時と使用する際の注意点です。正しい選び方と使い方を守ることで、エッセンシャルオイルの効能を最大限に活かし、心身のケアに役立てましょう。

まとめ


静脈瘤に悩んでいる方にとって、ドテラのエッセンシャルオイルは効果的なケアアイテムとなることがわかりました。

正しい使い方と注意点を守りながら、エッセンシャルオイルを活用して静脈瘤の改善を目指しましょう。ドテラのエッセンシャルオイルは、安全性と品質にこだわっていてもしエッセンシャルオイルでどれを使おうか悩んでるなら成分分析表が公開してあるドテラはオススメです。

Tag一覧

読んでね

コメントを残す