当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

頭痛にドテラのエッセンシャルオイルの使い方と注意点

日本人の3人に1人は頭痛持ちと言われています。

頭痛は生活のストレスや血流の悪化などさまざまな要因によって引き起こされることがあります。

僕は偏頭痛持ちで、視界がチカチカして吐いて、2日間も頭痛が続いたりする。 首に違和感が出る。

頭痛の症状が出るとつい薬に頼ってしまうことが多いですが、ドテラのエッセンシャルオイルを使ってみませんか?

応急処置ならペパーミント

コメカミや首の側面のスジに1~2滴を塗布して下さい。 

※塗布した手で目を擦らない様に注意して下さい。

この記事では、頭痛に効果的なドテラのエッセンシャルオイルの使い方と注意点を紹介します。

オススメのオイル
  1. ペパーミント
  2. ディープブルー
  3. パステンタス
  4. ウインターグリーン

芳香、塗布、摂取の3つの方法を使い分けることで効果的な頭痛対策が可能となりますので、ぜひ参考にしてみてください。頭痛に悩む方にとって、この記事は大変役立つ情報を提供してくれることでしょう。

エッセンシャルオイルを過信しないで下さい。
激しい痛みや吐き気は、重大な病気の可能性があります。すぐに救急車やドクターヘリを要請して下さい。

この記事は、エッセンシャルオイル家庭の医学事典を参考にしています。。

頭痛の要因と種類

一般的な頭痛の原因としては、ストレスや疲労、睡眠不足、姿勢の悪さ、目の疲れなどが挙げられます。これらの要因が重なると、頭痛が発生することがあります。

頭痛の種類には、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。

片頭痛
通常、片側の頭部に激しい痛みを伴う特徴があります。また、光や音に敏感になることもあります。

緊張型頭痛
頭全体に締め付けられるような鈍い痛みが特徴で、日常生活のストレスや緊張が原因となることが多いです。

群発頭痛
非常に激しい痛みが一定期間ごとに発作的に起こる特徴があります。

自分で頭痛の種類をチェックする方法もあります。例えば、片頭痛の場合は、頭痛が片側に集中しているか、光や音に敏感になっているか、吐き気や嘔吐があるかなどを自己観察することが重要です。緊張型頭痛の場合は、頭全体に痛みが広がっているか、緊張やストレスが続いているかなどを注意深く観察する必要があります。

頭痛の予防や改善には、体操も有効です。例えば、首や肩のストレッチ、目の運動、深呼吸などを取り入れることで、頭痛を軽減することができます。

強い痛みには病院に行って下さい。

強い頭痛が続く場合は、重大な病気が原因である可能性もあります。

例えば、脳出血や脳腫瘍などが考えられます。

頭痛が突然起こり、時間が経つにつれて痛みがひどくなったり、吐き気や意識障害がある場合は、すぐに医療機関を受診することが重要です。

ドテラのエッセンシャルオイルの種類と効果

ドテラのエッセンシャルオイルには、頭痛の緩和に効果的な種類があります。

ペパーミント
血行を促進して頭痛を和らげる働きがあります。

ラベンダーやローマンカモミール
リラックス効果があり、ストレスによる頭痛を緩和することができます。

各エッセンシャルオイルの効果や特徴を理解し、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ドテラのエッセンシャルオイルの使い方

いよいよ使い方の解説をします。

痛みを鎮めて頭スッキリ

使用するオイル:ペパーミント・フランキンセンス・ユーカリプタス・癒しのブルーブレンドDB・頭痛対策ブレンドPT・スペアミント・ディル・ネロリ・ヒノキ・ユズ

【塗布】
ペパーミントとフランキンセンスを2滴ずつをキャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖と混ぜて、首、額、こめかみに塗布します。

【香りを嗅ぐ】
オイルの瓶から直接嗅ぐ

コリをほぐして頭痛を緩和

使用するオイル:頭痛対策ブレンド パステンタス・ペパーミント・癒しのブルーブレンドディープブルー・ユーカリプタス・フランキンセンス・ローズマリー

【温湿布】
熱いお湯をい入れた洗面器に上記のオイルを各1滴か好きなオイルを合計6滴入れてかき混ぜます。
そこにタオルを入れて、火傷に注意して絞ります。後頭部に当てます。冷えたらお湯を足して繰り返します。

【香りを吸い込む】
先ほどの洗面器の香りを鼻から吸い込みます。

緊張型頭痛はコリをほぐして血行を促す

緊張型頭痛はストレス性の頭痛とも言い、最も多いタイプの頭痛です。

【塗布】
使用するオイル:頭痛対策ブレンド パステンタン・ペパーミント・癒しのブルーブレンド ディープブルー

キャリアオイル(ココナッツオイル)15㎖に上記のオイルを合計3~6滴入れて首や肩、みぞおち、手首に塗り首や肩はマッサージして下さい。

【アロマバス】
使用するオイル:ラベンダー・ローマンカモミール・グリーンマンダリン・フランキンセンス・頭痛対策ブレンド パステンタン

バスタブに38℃~40℃のお湯を入れて上記のオイルを各1~2滴入れます。持ってるオイルのみを入れても良いです。

偏頭痛は冷湿布でクールダウン

偏頭痛は血管が拡張して周りの神経を刺激する事で頭痛が起きると言われてます。視界にチラチラした感じの物が見えてだんだん大きくなって視野が狭くなりそれが1時間くらい続いてその後は、激しい頭痛と吐き気や首や後頭部に違和感を感じる事がああります。

使用するオイル:頭痛対策ブレンド パステンタン・ペパーミント・バジル・癒しのブルーブレンド ディープブルー・ウィインターグリーン・イランイラン・フランキンセンス・スパイクナート

【冷湿布】
洗面器に冷水を入れて上記のオイルから合計2滴を垂らしてタオルにを浸し絞って額や目の上にのせて冷やします。

【塗布】
上記のオイルのいずれか1滴をこめかみやうなじに塗布します。

ホルモンバランスの乱れによる頭痛

使用するオイル:ゼラニウム・クラリセージ・サイプレス・女性用ブレンドのクラリカーム・

【塗布】
月経中や月経前に起きる頭痛は、ホルモンバランスを整えるオイルを使用します。上記のオイルを1~2滴をキャリアオイル(ココナッツオイル)に混ぜて、うなじや下腹部に塗布します。

低血糖による頭痛

血糖値が低くなると脳が正常に働かず動悸や目のかすみ、頭痛が起きる原因いなります。

使用するオイル:保護ガードブレンドのオンガード

【塗布】
1~2滴をこめかみ、首の後ろ、額に塗布します。

【香りを吸う】
ディフューザーで部屋の中に散布するか、瓶から直接吸い込んでください。

ドテラのエッセンシャルオイルの注意点

ドテラのエッセンシャルオイルを使用する際には、いくつかの注意点を守る必要があります。

まず、使用上の注意事項として、適量や使用方法を守ることが大切です。

また、妊娠中や授乳中の方は医師に相談した上で使用する必要があります。

さらに、アレルギー反応や副作用の可能性があるため、初めて使う際にはパッチテストを行ってから本格的に使用することをおすすめします。

本物であるか?

基本的にドテラのエッセンシャルオイルは、紹介者さんから購入するしか方法はありません。ECサイトやフリマで売ってるやつは、ドテラ会員が正規品をお小遣い稼ぎで流してるか、中身が違うか。


エッセンシャルオイルは直接肌に塗布したり摂取するので中身の信憑性が重要です。
他のメーカーのエッセンシャルオイルは成分表を公開してない所も多いです。

ドテラは第三者機関に成分の分析を依頼して、その成分をロットナンバーでしっかりと分けて成分を公開しています。

まとめ


頭痛に悩む方は、ドテラのエッセンシャルオイルを使ってみることをおすすめします。

頭痛に効果的な種類のエッセンシャルオイルを選び、芳香、塗布、摂取の3つの方法を使い分けながら使用することで、痛みの軽減や緩和に役立ちます。

ただし、使用上の注意事項や個人の体質に合わせた使い方に留意することが大切です。頭痛の症状に合わせて適切なエッセンシャルオイルを選び、心地よいアロマの香りとともに、リラックスした頭を取り戻しましょう。

Tag一覧