当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品・サービスをご紹介、適格販売により収入を得ています。

ドテラ

黄疸にドテラのエッセンシャルオイルの使い方と注意点

黄疸は、化学物質ビリルビンという物質が増加することによって引き起こされる症状です。

黄疸の原因としては、溶血性黄疸、肝細胞性黄疸、胆汁うっ滞性黄疸、閉塞性黄疸、体質性黄疸などがあります。

オススメのオイル

レモン

ゼラニウム

ヘリクリサ

ムローズマリー

グレープフルーツ

この記事では、黄疸の原因と、さらにドテラのエッセンシャルオイルの使い方を紹介します。

エッセンシャルオイルには抗炎症効果や解毒作用があり、黄疸の治療に役立つ可能性があります。黄疸に苦しむ方々にとって、この記事は新たな解決策を提供する一助となることでしょう。

この記事は『エッセンシャルオイル家庭医学事典』を参考にしています。

黄疸の原因

黄疸の原因はさまざまです。黄疸は、ビリルビンという物質が増加することで起こる病気です。

血液中の赤血球は、全身に酸素を運ぶ重要な役目を果たしています。この赤血球が古くなって役目が終わり、破壊された際にできる成分がビリルビンです。

赤血球から出されたビリルビンは血液によってまず肝臓に運ばれ、そこで処理されて胆汁の中に排出されます。

黄疸の診断には血液検査が行われ、ビリルビンの量やその他の関連指標が測定されます。また、原因を特定するために超音波検査やCT検査が必要になることもあります。黄疸の治療は原因に応じて行われますが、根本的な原因の治療や症状の緩和が主な目的となります。

ドテラのエッセンシャルオイルの芳香化学成分について

黄疸に効果的なエッセンシャルオイルのゼラニウム、レモン、ヘリクリサムには、どのような芳香化学成分が含まれているか?

ゼラニウムには、ゲラニオールやシトロネロールなどの鎮静作用が期待できる成分が含まれています。これらの成分は、黄疸の症状をやわらげるか可能性があります。

ヘリクリサムには、ネリオールやアセトキシカリオフィレンなどの成分が含まれています。これらの成分は、抗酸化作用や抗炎症作用があり、肝臓の機能を改善する効果が期待されています。また、ヘリクリサムの甘い芳香は、リラックス効果ももたらします。

レモンには、リモネンやリナロールなどの成分が含まれています。これらの成分は、解毒作用や抗炎症作用があり、肝臓の機能をサポートするとされています。また、レモンの爽やかな香りは、気分をリフレッシュさせる効果もあります。

下の画像はドテラのレモンの成分分析表で字が細かいので別ウィンドウで開く様にしてあります。成分のTotalが100になっているかチェックしてみてください。

成分のTotalが100になってるかチェックしてね⤴
ココが100じゃないエッセンシャルオイルは使わない。

香りを嗅いだり塗布することによって、リラックス効果や肝臓の機能改善作用が期待できます。ただし、効果や安全性には個人差がありますので、紹介者さんに聞いて使用することが重要です。

ドテラのエッセンシャルオイルの浸透力

ドテラのエッセンシャルオイルの吸収力について考えてみましょう。

エッセンシャルオイルは、植物から抽出された高濃度の植物成分を含んだオイルです。

エッセンシャルオイルの吸収力は、いくつかの要素によって左右されます。

まず、エッセンシャルオイルの分子の大きさが重要です。

分子が小さいほど、皮膚や粘膜から容易に吸収されます。ドテラのエッセンシャルオイルは、微細な分子構造を持っており、これによって吸収力が高まっています。

また、エッセンシャルオイルの吸収力は、適切なキャリアオイルとの組み合わせによっても向上します。

キャリアオイルは、エッセンシャルオイルを希釈したり、蒸発のスピードを遅延する事で皮膚への浸透性を高めたりする役割を果たします。そして、キャリアオイルにココナッツオイルは理由は、酸化が遅いからです。

さらに、エッセンシャルオイルは、皮膚や粘膜から吸収されるだけでなく、嗅覚を通じても効果を発揮します。嗅覚受容体によってエッセンシャルオイルの香りが認識され、脳に直接作用することで心身のリラックスや活性化を促します。ドテラのエッセンシャルオイルは、香りの豊かさと品質の高さによって、嗅覚を通じた吸収力も優れています。

黄疸を緩和させるエッセンシャルオイルの使い方

肝臓をサポートして肝炎や胆石をケアするエッセンシャルオイルを紹介します。気になるのがあったら試してみてください。

肝臓の働きをサポート

使用するオイル:ゼラニウム・レモン・ローズマリー

【塗布】
上記のオイルを1~2滴を肝臓らへんに塗布して下さい。 

※レモンなどの柑橘系は光毒性があるので、塗布後12時間は紫外線に当たらないで下さい。

【ディフューザー】
上記のお好きなオイルを4~6滴ディフューザーに入れます。

急性ウイルス性肝炎による症状をサポート

使用するオイル:ヘリクリサム

【塗布】
薄めずにそのまま脊柱と肝臓あたりに1~2滴を塗布してお湯で絞ったホットタオルを肝臓辺りにかけて温湿布して下さい。

【吸入】
瓶の蓋を開けて直接鼻から吸い込んで下さい。

【摂取】
空のカプセルに1~2滴入れます。

胆石をケアして黄疸対策

胆汁のコントロールが胆のうに溜まり結晶化して結石が出来ます。

使用するオイル:グレープフルーツ・ゼラニウム・ローズマリー・ライム

【塗布】
上記のオイル1~2滴を胆のう辺りに塗布します。ホットタオルを掛けても良いですね。

【吸入】
上記のオイルの蓋を開けて直接、鼻から吸い込んで下さい。

薬物性肝障害とは?

薬物性肝障害は、薬物が肝臓にダメージを与える病気です。この病気は、処方薬や市販薬、サプリメントなど、さまざまな薬物が原因となります。肝機能にダメージが生じるため、病状が進行すると倦怠感や発熱、吐き気、かゆみ、黄疸などの症状が現れます。

薬を避けたいと思う人は、100%天然由来で成分分析表を公開してているドテラのエッセンシャルオイルを試してみてください。また、ドテラの植物性のミネラルもオススメですね。

植物性ミネラルは鉱物性ミネラルの違い分子の大きさが1/1000と小さくて体内に蓄積されずに排出されるので心配がありません。味がないプレーンなので、炊飯やお料理の味が変わることがなく簡単にミネラルが摂取出来ます。

10倍に薄めるので実質5.5ℓです。ウイスキー5リットルのペットボトルと同等で簡単に70種類のミネラルが取れます。

まとめ

エッセンシャルオイルの使い方を紹介しました。肝臓は沈黙の臓器なので、過信しないで注意が必要です。 エッセンシャルオイルも使い続けて検診に行く事をオススメします。


Tag一覧

読んでね

コメントを残す